カテゴリー「旅行・地域」の記事

2015年8月15日 (土)

世界の歴史を少し正確に理解する 夏

Atc0199

「夏」は存在の可能性が高い中国最古の国家で、紀元前2000年頃まで遡ることができます。なぜ存在の可能性が高いのか。紀元前90年頃に書かれた司馬遷の「史記」に記述があるだけではなくいくつかの書物で同じ「夏」という国の名前が出てくること、そして中国が神話を好まない国民性があることから想像上の国ではないと考えられるのです。その「史記」は古事記よりも800年も古い、世界最古クラスの歴史書であり、司馬遷と史記については別の機会で触れたいと考えています。

 

Atc0202

さて夏は、司馬遷が生まれる2000年も前の国という事でさすがに伝説なのではないか、と考えられていたのですが考古学的な発見が続き実在の可能性が高くなってきています。発見された遺跡は文字がない事もあって夏の首都とは断言できませんので、今は「二里頭遺跡」と呼ばれています。人口約20000人程度の都市と推定されており、場所は河南省、黄河の南側です。河南省は現在でも中国の中で人口最大の州であり人口約1億人と日本1国に匹敵する人口を誇ります。

 

Atc0201

遺跡からは宮殿、都市、道路などが発掘されており、十分な都市機能を持っていたと考えられます。ただ「夏」は遼河文明に近い場所で生まれた文化と伝承があるのに、なぜ遺跡は河南省にあるのでしょうか。遼河は満州南部の川です。日本では秋田県あたりの緯度にあたり、地球が寒冷化している時期には寒いと予想します。民族が南下する事で原住民を取り込み人口が増加すると同時に支配者と被支配者で上下関係が発生し国が成立したと考えられます。今でも河南省に人口が多い事から、人が暮らしやすい、気候の穏やかで食物生産量が多い場所なのでしょう。自然に流浪の民が集まってくる場所だった想像しますし、最初の国の「首都」がおかれる場所として悪くはありません。

 

Atc0203

民族が大移動すると国ができる、単一民族国家の日本ではあまり聞かない話ですが世界史ではよく耳にするキーワードです。特にヨーロッパのゲルマン民族大移動では細かい国がたくさんできていますね。そうはいっても夏の存在を確定するには、もう少し考古学的な研究の積み重ねが必要のようです。

 

Atc0200

2014年11月14日 (金)

クラウド・フォレスト

Sin0197

シンガポールは水不足に苦しんでいたと記憶していますが、マリーナエリアの淡水化工事が終わり大胆な意識変化が生まれたようです。クラウド・フォレストではガラス張りのドームの中に巨大な人工の滝が音を立てています。マンション並みの高さから流れ落ちる滝は迫力の落差と水量です。滝が作る水煙と時々人工的に噴出される霧で少し白んでいます。山が無い島に住むシンガポールの人たちにとって、滝はあこがれの存在だったのかもしれません。この施設ではこの滝の裏をエレベータで上り、上から降りて行きながら植物の景色を楽しんでいくこれまでにない発想の植物園です。歩道が空中に飛び出しているので少しスリルがあり、恐る恐る歩いている女性を何人か見かけました。ただゆれたりはしないので私は怖さを感じず、身を乗り出して写真を撮影していました。

 

Sin0199

この滝には「猿の惑星」要素を感じます。温暖化が進めば人類が滅び、熱帯の植物に人工物を占拠されてしまうという裏テーマがありそうです。事実、この建物の出口付近に温暖化を紹介する劇場があり、映像で最悪のケースが紹介されて「温暖化防止に頑張ろう」という訴えが室温20℃程度の快適空間で紹介されます。どうも日本人の感覚とは異なります。日本であれば少し汗がにじむくらいの28℃の温度設定で「温暖化防止のためにエアコンの設定温度を上げましょう」という解説が良く見かけるパターンです。長袖でなければ寒いくらいにエアコンをかけて「温暖化対策を!」と言われても、気持ちが伝わるのでしょうか。

 

Sin0196

シンガポールは海面上昇が無ければ温暖化の影響は少ない場所です。もともと暑い場所なので生態系への影響もほとんどないでしょうし、それ以前に殺虫剤で生態系自体が崩れていますしね。彼らが懸念しているのは近隣諸国の焼畑ではないでしょうか。熱帯雨林の焼畑による煙(ヘイズ)はここ数年、シンガポールの大きな公害問題となっています。「熱帯雨林の減少が温暖化を進める」というシンガポールの主張は間違いではありませんし、確かに小さな島で電力消費量を抑えるより近隣の熱帯雨林の減少を抑えたほうが温暖化対策となります。もちろん焼畑が減れば公害も減るのでシンガポールにとっては一石二鳥です。

 

Sin0200

そのように考えてみれば、シンガポールは日本と違う温暖化原因の懸念が顕在化しており、シンガポールとして実施すべき対策が進められているのかもしれません。温暖化対策は場所によって違うという事が実感できましたし、シンガポールのような温暖化対策にも意味があると理解できました。

 

Sin0198

2014年11月 6日 (木)

京都のおすすめ紅葉スポット

Sin0136

個人的な京都の紅葉おすすめスポットです。

 

まず5位は東福寺。駅から近く日本を代表する紅葉が美しい寺院ですが、とにかく人が多い。紅葉を見に行っているのか人の頭を見に行っているのかわかりませんし、落ち着いて写真撮影をすることができません。ただし京都の中でも最も美しい部類の紅葉なので、寺院に入るまで1時間ほど並ぶ覚悟をしてでも一度は見に行ってみたい場所です。次は4位の龍安寺、夕方に訪れたのですが池と紅葉と夕日のコントラストが絶妙で、個人的には京都で最も美しいと感じた紅葉スポットです。ただし時間帯と天気により美しさがかなり変わります。またここまで到達するのはかなり難しい。地下鉄の駅からは遠く、金閣寺から銀閣寺など京都有数の観光スポットが集まるエリアなのでバスは超満員(というより乗れない)。山に近いのでアップダウンもあり、長距離を歩く体力のある人かタクシー代が惜しくない人向けです。

 

Sin0133

3位の常寂光寺も有名なのでご存知の方が多いはずです。嵐山から近く、門から寺院に登る階段を囲う紅葉は絶景です。残念なことに私がここに行くと必ず雨か曇り、きっと天気が良い日に訪れる事ができていれば2位との接戦を繰り広げる事でしょう。通常は嵐山から歩いていく事になると思うのですが、到着までの間にも紅葉スポットがありますし、民家の紅葉の美しさにもおどろきます。ただしその狭い道をタクシーが通り過ぎて行きますから写真撮影に熱中しすぎないよう注意してください、はねられます。2位は永観堂、南禅寺の隣です。入場料金1000円と他に比べて高額なのですが、入場料金の価値は十分にあります。昼と夜に訪れましたが、個人的にはライトアップされた夜景よりも昼の方が美しいように感じました。もみじだけではなく、イチョウも美しいですよ。多分、京都の中で最も美しい紅葉ですが、値段が高いので2位にしました。ついでに哲学の道の散策もお勧めですが、こちらは人の多さに苦しみます。

 

Sin0135

1位は嵐山と天龍寺。天龍寺の庭園はバランスの良さが魅力です。入場料金のかからない嵐山も魅力ですが、日差しの関係から早朝をお勧めします。山を散策し、自分のお気に入りの「一本木」を探すと楽しいです。ただし気候の経年変化の影響からか10年ほど前に比べますとかなり枯れ木が増えてしまい、とても残念に感じています。それでも常寂光寺や大覚寺に近く、渡月橋など他の観光地もあり、さらに駅から近いのが魅力です。人力車という楽しみ方もあります(値段は高いですが、仕事のハードさを考えれば妥当ではないかと)。舞妓さんや芸子さんの和服に着替えて歩くのもいいのですが、外国人に取り囲まれ写真撮影は覚悟してください。お土産屋さんが多いのも魅力で、路地裏に小さな素敵な店を見つける事ができますよ。

 

Sin0138

他には大覚寺(池が大きすぎて紅葉が目立たない、駅から遠い)、二尊院(ルートから言えば常寂光寺の後になるので見劣りが)、小倉山荘(ここも個人宅とは思えないほど美しいのですが抹茶付なので値段が高いかな)、仁和寺(天皇家の歴史に興味がある人向け)、妙心寺(年により見られる寺院が変わるため博打要素有)、大徳寺(妙心寺と同じ)、宝ヶ池(京都中心部からちょっと遠いのが難点です)、醍醐寺(こちらも中心部から少し遠いですね、桜が有名なのでもみじの数は多くないです)、南禅寺(入場無料でレンガ造りのインクラインが魅力、永観堂と一緒に)、哲学の道(桜を含め京都有数の美しい紅葉、でも人が多すぎ)、インクライン(紅く染まった蔦などがきれい)、清水寺(紅葉スポットだけどあまり感動した記憶がないです、清水に行ったことが無いのであれば紅葉の時期がおすすめ)、円山公園(紅葉は少な目)、京都植物園(値段が安くてきれい、ただし植物園なので歴史情緒には欠けます)、高台寺(紅葉より夜のライトアップが有名?)、下鴨神社(紅葉というより糺の森の美しさ)、上賀茂神社(林の風景の中での紅葉が魅力、中心部から遠いのが難点)、そのほかいくつかの寺院(長岡京や宇治近辺)や公園の紅葉を散策しており、これらの中から選びました。

 

Sin0137

2014年9月15日 (月)

アドベンチャー・コーブ・ウオーターパーク 2

Sin0013施設の魅力はウオータースライダーなのですが、息子と私はジェットコースターを含め、スライダーは「無理」です。家内と娘がいくつかまわっている間、寒いので別のプールに浸かって待っていると水位が急激に変化、巨大な波ができるプールでした。波の高さが尋常ではなく、背丈より高い波が襲ってきます。説明によれば一番高い所で4mの高波だとか。しかしうまく波に乗ってジャンプしていると浮遊感があって楽しく、リズムにのればとても楽しめるプールです。娘は才能なのか、この波に乗るのが異常に上手で、大人でも立ち入る事の出来ないほど高い波の場所に入り込んで大喜び、そこから先に行くと係員に怒られる所までいってジャンプしていました。ちなみに私は波に乗れないタイプでかなり水をかぶっていました。

Sin0009このプール、日本の低価格なプールをイメージしていると痛い目に合う注意点があります。まず更衣室が実質なく、トイレで着替えるという事。着替えやすい恰好で行くと楽ですね、おしゃれな格好をしていると服が傷みます。次に荷物を預けるロッカーが何と20ドル、約1800円もするところ。カードで払えますが高いですね、家族全員で荷物をねじ込むのですが、持ってくる荷物は少な目に。次にタオルの貸し出しが無いので、持参する必要があります。忘れずに。

Sin0015
エイが泳ぐプールの横を流れるプールで通るのですが、人になついているのか多くのエイが近寄ってきてくれてとてもかわいいのです。娘はかわいさに引き付けられてエイのぬいぐるみを買っていました。1回あたりの人数限定、別料金ですが餌を上げる体験もできるようです。他にもイルカやサメと泳げるプールもありますが、こちらも別料金。

Sin0014
私たちは約4時間、こちらの施設で楽しみましたが、流れるプールを2周するだけでほぼ2時間を費やしていました。金額は高いものの、十分な価値はあった、リバーサファリよりはよかったと感じています。ただ寒いので4時間が限界でしたね。この後は昼ごはんを食べにハードロックカフェに向かいました。


Sin0016

2014年9月14日 (日)

アドベンチャー・コーブ・ウオーターパーク 1

 

Sin0019
セントーサ島に来ているのに、写真はほとんどありません。プール施設の「アドベンチャー・コーブ・ウオーターパーク」に来ているからです。カメラを持ち込むことはできません。最初にこの施設の注意事項を言っておけば、寒いので金具のないラッシュガードなどを着ていくべきです。気温は30℃近いものの、スコールがあれば気温は一気に低下、上半身に何も来ていなければ寒くて凍えます。夏休み前の学校のプールで寒い思いをした日々を思い出すほどでした。

Sin0021寒いときには少し水温が高い「アドベンチャー・リバー」で流されるのがお勧めです。全長620メートルもある流れるプールで、一周で30分程かかります。移動手段としても便利で途中に魅力的なプールが満載、スタッフが写真を撮影してくれるのですが、あまりにもよくとれており値段が高いのについ2枚も買ってしまったほどです。このプールをぐるぐる回っているだけでも満足できる施設です。

Sin0024
 

レインボー・リーフを見逃してはいけません。2万匹もの熱帯魚がいるプールをシュノーケリングで楽しむプールです。カラフルな魚の群れが目の前を泳いでいきますので、他ではできない楽しい体験です。ただし問題も満載。メガネとかラッシュガードのジッパーも含め金属類の着用は一切不可。私の場合メガネが無いとほとんど水中が見えません。そして水温が魚のために驚くほど低く、20℃程度でしょうか。ライフジャケットを着ていても寒いのです。そして深さが5mほどもあるのにバタ足禁止、高所恐怖症でなくても慣れるまでは結構怖くて、泳ぎが得意なはずの娘は途中で引き返していました。

 

Sin0020
しかしそんな問題点が気にならないほど貴重な体験ですので是非チャレンジを。


Sin0027

2014年9月 4日 (木)

フラトンホテルの魅力

Ise0167

マリーナベイ・サンズが人気を独占していますが、シンガポールには魅力的なホテルがたくさんあります。ラッフルズ、グッドウッドパークに代表される植民地時代の雰囲気を残した古風なコロニアル・ホテル。日本で言えば、老舗旅館ですね。リッツ・カールトン、フォーシーズンズなどの近代的なホテルもあります。さてフラトンはどんなホテルでしょうか。

 

Ise0169

フラトンは郵便局だったそうで、中には小さな博物館があります。外装は残しながらも奇抜なカラーのイルミネーションが設置され、近代的な改装がなされています。マリーナベイ・サンズができるまで一番人気といえるホテルでしたが、高級なのでビジネスでは宿泊できませんでした。正面にマリーナベイ・サンズ、眼下には湖とマーライオン、シンガポールで最も夜景が美しいホテルの一つではないでしょうか。

 

Ise0175

ホールには竹が植えられて和風な雰囲気が漂います。照明は暗め、コロニアル・ホテルの雰囲気もあります。近代ホテルとの中間的な位置づけかもしれません。高級ホテルで観光地、ビジネス街、ボートキーに近いという絶好の場所にあります。ただしショッピングが目的の旅行でしたらオーチャードやマリーナエリアのホテルがお勧めです。

 

Ise0172

フラトンはシンガポールのホテルライフをゆっくりと楽しむ場所です。

 

Ise0168

2014年9月 2日 (火)

ボートキーでインド・カレー

Ise0151

記憶から消えないレストランは誰にもありますよね。忘れられない理由は人それぞれですが、私にとって忘れられないレストランに向かっています。なぜ忘れられないか。

インド・カレー、ナン、マンゴーラッシー、サフランライス、ここは一人で来る場所でした。出張でシンガポールに来ていた頃は2週間近く滞在する事が多かったので、一人での食事がたまにあり、そんな時はいつもここ。シンガポール川の夜景がまぶしく、星空の下、遠くで騒音が響く「孤独を楽しむ場所」でした。

 

Ise0149

今回は家族で来ています。いつもの席ですが孤独ではありません。午前中にリバークルーズで歩き回り、午後に買い物で走り回って疲れ切って不機嫌な娘。息子もつかれているのか無口です。楽しんでいる余裕などなく、家族に気を使うひと時です。運ばれてくるチキンカレー、ナン、マンゴーラッシー、サフランライス、料理が運ばれてくると家族の雰囲気が変わります。マンゴーラッシーの味に驚き目を覚ます息子と娘、ナンがモチモチでおいしかったらしく追加注文するほど食が進みました。カレーのスパイスも効いて、みんなすっかり元気を取り戻しています。

 

Ise0150

そういえば一人で来ていた頃も元気がもらえる場所でした。さみしいのに料理が来ると味に興奮。辛さの調整が効くカレー、タイ米のサフランライス。値段は観光地価格ですから少々度胸のいる金額、家族4人で軽く1万円を超えます。ボートキーは夜景スポットだらけのシンガポールでも有数の美しさ、10年前から変わらないノスタルジックな雰囲気が魅力です。私にとっては「シンガポールに来た」と一番実感できる場所です。

 

Ise0152

隣に座った西洋人のビジネスマン、一人です。美しい夜景とおいしいカレーで孤独を楽しめたことでしょう。

 

Ise0155

2014年9月 1日 (月)

オーチャードでチキンライス

Ise0141

リバーサファリには約4時間滞在しましたが、クルーズを除きすべての展示を見る事が出来ました。外回りが多くて暑いので、「そろそろ限界」の4時間です。

タクシーでオーチャードに移動しました。ずぶぬれになった家内と娘の服は暑いシンガポールの気温で乾いてきました。チェダーボックスというお店でチキンライスを食べます。旅行ガイドブックに紹介されているこのお店、予約なしで行ったこともあって30分程度待ちました。多いのは日本人、夏休み期間ですしガイドブック効果でしょう。チキンライスにしては飛びぬけて高価なのでグルメ旅行好きの日本人が顧客の中心なのかもしれません。

 

Ise0139

さてチキンライスの味ですが、安いホーカーズやマレーシアで食べた料理とは味も量も違い、柔らかくて独特の香りで大満足でした。香りがあるので娘は敬遠したのですが、代わりに食べたチキンナゲットとから揚げのセットは「経験のない美味」だったそうです。チェダーボックスは高島屋の隣のホテルに入っているレストラン街にあります。レストランの階ではおじさんが「チェダーボックス」と言いながら指差して場所を教えてくれるので、見つけやすく道に迷う事はありません。そのあとオーチャードでお買い物。子供たちは高島屋の紀伊国屋で日本漫画の英訳本をお土産として入手していました。11000円以上と高価、娘は「進撃の巨人」でした。

 

Ise0140

タクシーでホテルに帰ろうと思えば、シンガポール名物のタクシースタンド行列。1時間待っても乗れそうにありません。仕方がないのでMRT(地下鉄)で帰る事にしますが引き続きシンガポール名物の券売機行列。予想通りコインと2ドル紙幣以外は受け付けないのでチケットを買うのに苦労する人が多く15分程度は待ちました。大量にコインと2ドル札が残っていてよかった。どうにかチケットを買ってシティーホールまで移動、あとは地下街を徒歩で10分程度です。歩くと聞いて苦情を言いながら嘆く子供たちですが途中喫茶店により、店でお土産を物色できて楽しかったようです。息子は英語がしゃべれないのに単独行動、片言で道を聞いてホテルまで帰ってきました。

 

Ise0144

少し休憩して夕食の後、マーライオンを見に行く算段、それを聞いて疲れ果てていた娘はすごく不機嫌でした(笑)

 

Ise0142

2014年8月30日 (土)

リスザルの森とマナティー

Ise0123

リバーサファリで一番楽しかった場所はリスザルの森かもしれません。動きが早く、神出鬼没のリスザル、残念ながら写真はありません。家族で来ていましたし時間指定のアトラクションが待っていたので粘れませんでした。

 

リスザルには人懐っこく、ペットにされている方も少なくありませんが自然な姿はあまり見る事ができ来ません。ここでは一区画に大量のリスザルが放し飼いにされており、リスザルの友達同士で遊ぶのが忙しいのか人間には媚を売りません。突然目の前に現れたかと思えば、すぐに姿をくらましています。

 

Ise0126

人にはたくさんの悩みがあって、明日や未来や老後が気になって苦しみます。未来を想像する事、心配する事は人間だけに与えられた特権で、動物は未来を考える事も無ければ悩むこともありません。猿が木から落ちないのは悩みが無く、気が散る事が無く、木の上で走り、隣の枝にジャンプする現在の一瞬に集中しているからではないでしょうか。いろんなことに悩んで注意力が散漫になり怪我をするという事も人間にしか起こらない特徴かもしれません。

 

Ise0132

水族館といえば最近はジンベイザメばかりですが、ここではマナティーでした。涼しい室内に巨大水槽、癒しを感じる場所というより暑くてばてた気持ちを復活させるパワースポットです。写真だと伝わりにくいのですがマナティーの自然な動きを見ることができます。大きな水槽だからこそわかったのですが、動きには想像していた以上に緩急があり威風堂々の海の巨獣でした。

 

Ise0133

ここを過ぎますとリバーサファリは出口寸前です。

 

Ise0131

2014年8月28日 (木)

リバーサファリのアトラクション

Ise0114

リバーサファリにあるアトラクションは2つだけです。一つは船で川をめぐるツアー。こちらはシンガポールの本物の川をクルーズするようです。動物や鳥に出会えるかどうかは運次第ですが、本当の熱帯雨林に入ることができるのは貴重な体験ですね。ブラジルやマレーシアでも街中からバスで1時間程度移動しただけで熱帯雨林に気楽に入れる場所はないような気がします。残念ながら船にめっぽう弱い息子と、あまり自然に興味がない娘から賛同が得られることはなく、時間に制約がありましたので断念しました。もう一つはアマゾン・リバークエスト・ボートライドですが、これには重要な注意点が一つあります。

 

Ise0115

アマゾン・リバークエスト・ボートライドは幼稚園児の子供でさえも驚かないくらいの落下があります。50cm程度でしょうか、見えた瞬間にあまりの子供だましサイズに落下系が全く苦手な私と息子も笑顔でした。しかし、問題はボートの1列目だけなのですが落ちた瞬間に大量の水がかかります。尋常ではなく、服から水がしたたり落ちるほどで下着までびしょ濡れです。「少し濡れてもかまわない」というレベルではなく、「プールに落ちる程度に濡れてもかまわない」という覚悟が必要、カバンもカメラも全滅です。最前列に座ったのは家内と娘、娘のカバンに入ったカメラは大丈夫でしたが、本はぐしょぐしょになっていました。

 

Ise0120

余りの濡れ方に展示内容に目を向ける余裕がなく、服を拭くばかりの二人。展示物と言えば寝ているジャガー、あっという間に通り過ぎていく猿、猪、赤い鳥…程度でしたが、次の落下では2列目に座っている私のカメラまで濡れるのではないかと気が気ではなく、写真はほとんどありません。別料金のアトラクションですし、参加してみるかどうかは興味の問題です。まとめれば、絶叫系ではなく、ほとんど動物は見えず、1列目が濡れるという事です。濡れても大丈夫の格好でチャレンジすると楽しいかもしれません。私たち家族にはかなり不評でした。

 

Ise0118

次はマナティーの水槽に向かいます。

 

Ise0121

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ