« 世界の歴史を少し正確に理解する 中世の時代へ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン人の整理 »

2015年12月20日 (日)

世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン民族とは

Atc0562

ゲルマン民族ではなくゲルマン人と呼ぶべきだそうです。ゲルマン人は中国人、東南アジア人などと同じく多民族です。大きな流れで言えば東の黒海あたりからハン族が流入し、押し出されたバルト海近辺の民族群がケルト系やラテン系の民族が住む西ヨーロッパに移動を開始します。最後に西ローマ帝国が崩壊するのですが、その過程を少し細かく見ておきましょう。ゲルマン人に分類される東ゴート人がフン族に押されオーストリアやハンガリー近辺の東欧に移住します。この移動開始時期が375年でありゲルマン民族大移動の年号として覚えましたが意味はありません、移動は始まったばかりです。

 

Atc0558

 

ハン族と東ゴート人に押し出された西ゴート人はローマに移動します。ローマに来られては困る西ローマ帝国は418年に現在のフランスからスペインの南部に西ゴートの建国を許可します。西ゴートの建国を見た他のゲルマン人もヨーロッパに移動を開始します。北アフリカ、元のカルタゴのあたりにはヴァンダル王国、フランス北部にはフランク王国、アングロ=サクソン人はイギリスにわたり7王国(将来のグレート・ブリテン)を築きました。これらの国々が西暦400年ころから西ローマの領土を侵食し、476年に西ローマは滅亡します。西ローマを滅亡させた武将はオドアケル、彼は西ローマを滅ぼした後、東ローマのコンスタンチノープルに向かったのですが東ローマに討ち滅ぼされます。

 

Atc0560

 

 

このオドアケル討伐軍として東ローマ帝国が使ったのは最初にヨーロッパに移動してきたゲルマン民族、東ゴート人でした。彼らはオドアケルを倒しイタリアに東ゴートの国を作ります。このようにしてゲルマン人の各民族はヨーロッパに小国を作りました。これが紀元5世紀中盤から後半です。ローマ帝国はトルコあたりにありヨーロッパには存在しません。ヨーロッパは一部を除いてほぼゲルマン民族に占領されたのです。多くの国ができたため、ここから「覇王」を目指す戦闘が繰り広げられ、多くは67世紀に消えていくのです。ゲルマン(ジャーマン)民族はドイツというより現在のフランス、イタリア、スペイン、イギリスに到達しました。ドイツとゲルマンにあまり強い関係がなさそうであり、ここにはイギリスの悪意があるのですが後日の話題にします。

 

Atc0563

 

ちなみにハン族は西への移動を止めずゲルマン民族に分け入り、西ローマ帝国と対立して破れました。藩族との戦いで西ローマの戦力が奪われて滅亡の原因となったのかもしれません。

Atc0564

« 世界の歴史を少し正確に理解する 中世の時代へ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン人の整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ