« 世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン民族の大移動 その2 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 中世の時代へ »

2015年12月 4日 (金)

世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン民族の大移動 その3

Ngi0006

ほとんどの世界的戦乱は気候変動が起因と疑っています。第一次世界大戦はヨーロッパの寒冷化が原因という説があります。4世紀には安定化していた晋や西ローマ帝国が滅ぶほど大民族移動が発生して、中国では混乱期に入り、ヨーロッパも混乱の中世に入るのです。特にハン族やゲルマン民族の移動は故郷を放棄した民族移動であり、領土の拡大を目的としていません。ものすごい理由と覚悟がなければ故郷を捨てて民族全員が移動することはありえません。理由とは「生きていけない」砂漠化や寒冷化です。

 

 

Ngi0007

 

宗教戦争が起こる前の時代、人が移動し命を懸けて戦争するのは「食の枯渇」が原因と考えています。食を枯渇させる原因は寒冷化と砂漠化です。温暖化が原因で戦乱になったという歴史は今のところ見当たりません。食べ物がたくさんある時、人は本能として戦争しなくても生きていけるからでしょうね。

 

 

Ngi0008

 

人が困った時に発生するのが救世を求める宗教ブームです。キリスト教はローマ帝国の圧政に苦しめられ、キリスト教徒の90%が減るような過酷な迫害に救済を求めます。西暦300年頃にローマでもキリスト教が広がり、いよいよ国教化に進むのです。

 

 

Ngi0009

 

ゲルマン民族の移動とキリスト教の勢力拡大は並行して見ていきます。

 

Ngi0010

« 世界の歴史を少し正確に理解する ゲルマン民族の大移動 その2 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 中世の時代へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ