« 世界の歴史を少し正確に理解する キリスト教に触れる前に | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 大天使ガブリエル »

2015年11月 1日 (日)

世界の歴史を少し正確に理解する 福音書

Kyo0060

新約聖書はイエスが書いたわけではありません。弟子、そのまた弟子であった人がギリシャ語でまとめた解説書です。構成としては4つの福音書が最も重要で、イエスの行動を表しています。それからペテロとパウロの行動を書き記した文書やペテロの書簡などが続き、最後にヨハネの黙示録が続きます。重要なのは4つの福音書で、結婚式や教会に行った時には主にこの福音書を聞いて讃美歌ですね。

 

Kyo0063

新約聖書がまとめられたのは西暦397年で、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書からなりますが前の3つには共通部分が多く、ヨハネだけが独立です。ヨハネは最後の黙示録も書いていますね。マタイによる福音書は紀元85年くらいには成立していたようで、旧約聖書とのつなぎに重点が置かれているようですがあまり意識する事はありません。マタイ、マルコ、ルカは基本的に同じことが書かれており、伝承の正確性を伝える内容になっています。

 

Kyo0061

マルコはペトロの通訳でマルコはイエスにあった事さえなく、ペテロから聞いて紀元70年以降に書かれています。4つの福音書の中で最も古くオリジナルと考えられています。ルカはパウロの弟子の医師と考えられているようです。ヨーロッパ向けに書かれたと言われており、洗練された文章のようです。確かにイエスの直接の弟子ではないし「ペテロとパウロの言葉ではないのか」と疑うかもしれませんが、時期的にイエス生誕の時期から数十年の差しかなのでイエスの伝承であることには間違いないと考えています。

 

Kyo0062

しかしながらプロテスタントに強い影響を与えるヨハネの福音書は奇跡の羅列、他の3つの福音書とは違います。なおこのヨハネは洗礼者のヨハネとは異なります。今後、ヨハネとかパウロとか同じ名前が何度も出てくるので混乱しないように注意します。今後の説明はこれら福音書からの抜粋が中心です。

 

Kyo0064

« 世界の歴史を少し正確に理解する キリスト教に触れる前に | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 大天使ガブリエル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ