« 世界の歴史を少し正確に理解する ナザレ、ベツレヘム、エジプトへ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 12人の弟子 »

2015年11月 4日 (水)

世界の歴史を少し正確に理解する メシア・イエス

Atc0477

キリストとはメシアのギリシャ語発音です。イエスの名前ではありません。イエスは自らがメシアであることを十分に認識しておりイエスがメシアであることを弟子に宣言させています。彼はヤハウェの事を戒律に従い名前で呼ばず父、もしくは主と呼びます。なおヤハウェは創造主で、ギリシャ語で書かれた新約聖書ではゼウスという表記となり、英語ではゴッドです。つまりヤハウェ=ゼウス=ゴッド=アッラーなのです。ギリシャ語に直すとき創造神に当てはまるのがゼウスだったのでしょうね、日本では神という漢字が与えられたように。

 

Atc0480

イエスは自らがメシアであることを十分認識して行動します。それは彼が起こす奇跡に裏付けられています。彼が処刑される時、奇跡を起こしません。そのためユダヤ人からうそつき、偽物と判断され、ユダヤの人たちに嫌悪され処刑されています。そう、彼の言葉が優れているからでは無く神がかりの奇跡を見せる事から、弟子たちは彼をメシアと判断しているのです。さてそのメシアって何でしょう。

 

Atc0479

メシアはヘブライ語で「油を塗られたもの」という意味です。今後、彼が処刑されるまで「香油」が重要なアイテムとして出現します。メシアは本来「王」を意味し、拡大解釈として救世主となるのですが、旧約聖書でメシアはダビデの子孫であると明言されています。メシアはギリシャ語でクリストスと発音し、日本ではキリストとカタカナで書きます。英語ではクライストという発音ですね。そうメシアとキリストは同じ意味なのです。

 

Atc0482

なぜイエスが偽メシアと呼ばれたか、実はメシアを自称する人は歴史の中にたくさんいたのです。日本でもオウム真理教の教祖を思い出しませんか、彼もメシアと自称し弟子たちもメシアだと信じていました。日本にも中国にも「自分はメシア」と自称する人は少なくありません。ユダヤ教では今でもメシアは現れていないと宣言しています。しかしイスラム教ではイエスは預言者の一人であり、かつメシアとして認めており尊敬されています。ちなみにムハンマドは預言者ですがメシアではありません。それではなぜイスラム教は現在のキリスト教を嫌うのか、それは今のキリスト教が本来のキリスト教ではないからです。その話は後にして、なぜイエスはユダヤの王、メシアと名乗ったのか、ここから見ていきましょう。

 

Atc0481

« 世界の歴史を少し正確に理解する ナザレ、ベツレヘム、エジプトへ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 12人の弟子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ