« 世界の歴史を少し正確に理解する パルティア | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 福音書 »

2015年10月31日 (土)

世界の歴史を少し正確に理解する キリスト教に触れる前に

Kyo0056_2

旧約聖書は戦争の歴史であり、崇拝されるのはヤハウェのみであり、人々ができるのは祈る事のみです。しかしあまりに厳しい戒律のため、旧約聖書に何度も書かれているように人々は旧約聖書から離れていきます。宗教を知らない私が書くことではないのですが、イエスは旧約聖書を信じることができなかったのです。苦しんでいる人に手を差し伸べる「救い」が無いからでしょう。旧約聖書は戦争の歴史、ヤハウェは生贄や聖戦さえも求めます。新約聖書は歴史ではありません。戦争はなく、多くの人が死ぬこともなく、多くの奇跡は人を救うばかりであり、その中心には救世主であるイエスがいます。

 

Kyo0053

キリスト教の歴史は新約聖書にはなく、「なぜヨーロッパに拡散したのか」「どうやって拡散したのか」「人を救う物語の新約聖書が戦争の原因になったのはなぜか」という、イエス以後の歴史が重要です。ユダヤ教の中に救世主の話は出てきます。キリスト教を信じる人はイエスこそが救世主と言い、ユダヤ教の人たちは21世紀の現代まで救世主は生まれていない、イエスは偽の救世主という立場です。

 

Kyo0055

新約聖書の奇跡を描くことは歴史の勉強とは考えられませんので省略しますが、省略しようにも奇跡に塗り固められているためある程度は含まれてしまいます。奇跡を否定することはキリスト教信者の方々にとって失礼ですから少しは含みます。ただ水の上を歩く、死者をよみがえらせるというような奇跡は省きます。

 

Kyo0057

大丈夫、旧約聖書ほど長くはなりません。

 

Kyo0059

« 世界の歴史を少し正確に理解する パルティア | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 福音書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ