« 世界の歴史を少し正確に理解する 個人的に一番好きな歴史上の人物 韓信 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 前漢 »

2015年10月13日 (火)

世界の歴史を少し正確に理解する 漢民族の国「漢」

Atc0405

中国で最も人口が多いのは漢民族です。中国の国境線は時代で異なりますが、前漢時代が漢民族の領域をよく表しています。現代でも少数民族が多い南部やウイグル、モンゴル、チベットなどの「自治区」は中国政府の完全な支配が行き届いているとは言えませんが、前漢の領域ではこれらの地域を完全には含んでいません。

 

Atc0404

中国人民は漢民族と言わず「華夏民族」と自称します。「華」は中国神話の神族で、現在の国名「中華人民共和国」にも含まれます。「夏」は夏王朝の意味です。ただ中国の人たちを漢民族と言っても大きな問題はありません。夏、殷、秦、漢などは華夏民族の国なので抵抗感はないようで、日本だけではなく周辺国では「漢民族」という漢字を充てるようです。余談ですが西洋では秦民族 (Chinese) と呼びます、面白いですね。

 

Atc0401

ただ疑問があります、なぜ私たちの文字は「漢字」なのでしょうか。後漢が滅んだ220年、日本はまだ有史以前です。日本に漢字が到達したのは56世紀頃と習った覚えが、その頃には漢が滅んで300年ほども経過しています。少し調べてみますと殷の時代に生まれた文字は書きにくく、漢の時代に楷書や草書が整備されたようです。そのため中国でも漢の時代に整備された文字という事で漢字と呼ぶようです。

 

Atc0398

さてそれではその前漢について見ていきましょう。

 

Atc0399

« 世界の歴史を少し正確に理解する 個人的に一番好きな歴史上の人物 韓信 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 前漢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ