« 世界の歴史を少し正確に理解する ヤコブからイスラエルへ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 十戒 »

2015年9月17日 (木)

世界の歴史を少し正確に理解する 出エジプト

Krs0120

旧約聖書の全ての事象を現実と結び付ける事には懐疑的です。いくつかの歴史も含まれていますが、いくつかは神の奇跡の演出です。ただし多くにはモデルとなる事象はあったと考えており、その時期が演出のため多少前後されているのではないかと感じています。モーゼがユダヤ人の解放をエジプトのファラオに断られたとき、神によりエジプトには10の厄災が降りかかります。その内の多く、例えばイナゴの来襲や疫病は発生の可能性がありますが、さすがに同時期に発生したとは考えづらいですね。これらのイベントは神の力を示すために、とても重大な出来事です。少なくともこれらのいくつかが実際に起こり、ファラオがユダヤ人の解放を許可したか、もしくはユダヤ人の逃走を阻止できる余裕がエジプトにはなくなったのではないかと考えられます。

 

Krs0122

出エジプト記の最大のイベントはユダヤ人がエジプト軍隊に追いかけられ、水に行く手を遮られたときモーゼが杖を振ると水が割れるイベントです。ユダヤ人が渡りきると海は元に戻り追いかけていたエジプトの軍隊は溺れてしまったという、誰もが知っているイベントですね。この自然?現象が本当に起きるのかどうかを研究する学者がいます。潮の満ち引きなどが原因で海、もしくは湖が割れるような現象がどこかにあり旧約聖書に採用されたのではないかと考えていますが、ユダヤ人が渡った、エジプト軍隊が海に飲み込まれたという事象は無い、もしくはユダヤ人が渡った後で満潮になり大部分のエジプト人は渡れなかっただけと考えています。少なくともこの奇跡的な大事件はエジプトの歴史に残っていません。

 

Krs0123

出エジプト記で最も重要な事件は奇跡の逃走劇ではありません。「十戒」です。十戒ついては次回で整理しますが、この十戒が今でもユダヤ系の人々やイスラム系の人々を憲法以上に束縛し、(日本憲法では許されるような)解釈さえ許さない絶対的な戒律として戦争や破壊の原因になっています。しかし当然悪い事ばかりではなく、多くの人の助けとなっています。

 

Krs0124

今後、旧約聖書はこの十戒を破るとどのような事態を招くのか、実例が多く登場する物語となります。出エジプト、紀元前1300年ころに実際にあったユダヤ人のエジプト脱出、カナンへの到着イベントと考えらえています。多分、ここから起きる戦争の多くも史実なのでしょう。

 

Krs0125

« 世界の歴史を少し正確に理解する ヤコブからイスラエルへ | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 十戒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ