« 世界の歴史を少し正確に理解する エズラとネヘミア | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する アダムとエバは誰の先祖なのか »

2015年9月25日 (金)

世界の歴史を少し正確に理解する アレクサンダーの遠征

Krs0131

幸いなことに、アレクサンダー大王はエルサレムには来ませんでした。しかしペルシアを滅ぼし、エジプトにも到達し、巨大なヒッタイト王国を作ります。しかしアレクサンダー大王が亡くなるとプトレマイオス朝エジプトとセレウコス朝シリアができてエルサレムは再度はさまれてしまいます。これらの国はかつてのエジプト、かつてのメソポタミアではなく、かなりギリシャ文明、ヘレニズムに侵食された国になっていました。エルサレムも徐々に侵食され、神殿にはゼウス神の像が建てられました。偶像崇拝を禁止するユダヤ教の神殿なので屈辱ですね。

 

Krs0134

ユダヤ人は野に下りゲリラ戦を繰り広げたようです。ユダヤ教の話を始める前に死海文書の話をしましたが、その文書を持ったクムラン教団もその一つだったと考えられます。ゲリラ戦に勝ったユダヤは再びエルサレムの地で独立国を作ります。ここまでが旧約聖書に書いてある歴史です。さてその後、ユダヤの国はどうなったのでしょうか。東ローマ帝国に侵略され、イスラム教徒に侵略されます。エルサレムの神殿は破壊され、現在はイスラム教のモスクが建っています。

 

Krs0135

さてこれで旧約聖書に関しては終了なのですが、いくつか私が感じる疑問について整理しておきたいと考えています。その後、歴史の話に戻りまずは旧約聖書に出てきた国々を追うつもりです。中国の歴史にも戻らないといけませんし、そろそろ朝鮮半島の話題にも触れたいと考えています。紀元前の歴史は決して短くないですね。

 

Krs0137

中国では漢の時代、エルサレムにナザレのイエスが現れます。新約聖書について見ていくのはかなり先の話です。

 

Krs0138

« 世界の歴史を少し正確に理解する エズラとネヘミア | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する アダムとエバは誰の先祖なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ