« 日本の歴史を少し正確に理解する 戦争の抑止について考える その3 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する バビロニア »

2015年8月 6日 (木)

原爆が兵器として初めて使われた日

Krs0001

「広島に原爆が落とされた日」「日本に原爆が落とされた日」「非戦闘員に対する歴史上最大級のジェノサイドが行われた日」私も、以前はこんな風に考えていたような気がします。しかしこれらの表現は正しい一方で、現状の問題点を明確にはしていません。86日は「人類が初めて核兵器を使った日」であり、過去に誰が悪いとか誰が被害をこうむったとかそんな次元で考えてはいけない、地球生物を滅亡させる能力を持った兵器の今後について将来の子供たちに対してどのような行動をすべきかを考える日なのです。核兵器は個人の問題ではなく(もちろん個人の問題は重要で別に議論されるべきです)国家の問題でさえもなく、人類全体に課せられた問題です。その人類への問題提起の役割を広島と長崎が担っており、86日と89日はそのための一日です。

 

Krs0002

現在でも戦争では劣化ウラン弾が使われています。放射性物質を含みますが核兵器とは言われていません。ウクライナに対して原爆を搭載した爆撃機が飛び立ったことがあるという噂もあります。核兵器を搭載した潜水艦はどこに潜んでいるかわからず、北朝鮮の核兵器も開発に成功しています。核兵器は今でも私たちを標的にしている、ボタン一つですぐに飛んでくる兵器です。もちろん根本は戦争の根絶が理想であり、毒ガス兵器や生物兵器のような人類に危機を与える兵器は核兵器以外にもあります。しかし核兵器に関しては別に協議する必要があるのです。例えば毒ガス兵器や生物兵器は根絶に向けた具体的な動きが明確に進んでいますが、核兵器は「抑止力」という名目で正当化された兵器のままであり、誰も根絶しようとはしていません。

 

Krs0003

核兵器は拡散を続けており、アメリカに至っては「使える核兵器」つまり小型で放射性物質だけまき散らして兵隊だけを殺すような「通常兵器としての核」研究も続いています(多分既に完成しています)。これら核兵器を全否定しても始まりません。広島の悲劇を伝えるだけでもだめです。広島や長崎が伝えなければいけないのは核兵器の特殊性、特殊な被害です。特殊性はとにかく2次被害と目に見えない、国境を超える核汚染です。一次被害は通常爆弾と同じです。多くの人が爆風で爆死、熱線で焼死、身体障害者や戦災孤児という悲劇を生みます。これは核兵器も通常兵器も同じですが、広島の黒い雨で有名な核の雲、放射性物質の雨は子孫の代まで被害を膨らませ、人類や他の生物の遺伝子に異常を与え、一次被害の何倍もの範囲で何十年も、いえ最近の強力な兵器では何百年も被害を出し続ける事です。また攻撃した側にでさえも二次被害を与えます。

 

Krs0005

広島や長崎の惨状をしっかりと把握し、第一歩として抑止力は核兵器以外の通常兵器に置き換えていく事で核兵器の根絶を目指し、その後で軍縮に進んでほしいですね。アメリカやロシアが核兵器を持っている以上、北朝鮮等にだけ核の根絶を訴えても誰も理解できません。

 

Krs0004

« 日本の歴史を少し正確に理解する 戦争の抑止について考える その3 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する バビロニア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ