« 世界の歴史を少し正確に理解する 道教 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ピラミッドはすごいのか »

2015年8月31日 (月)

世界の歴史を少し正確に理解する ピラミッドはすごいのか

Atc0267

世界ふしぎ発見でもそうですが、ピラミッドと言えば世界最大の不思議の一つであり世界で最も重要な遺産のように扱います。しかし本当にそれほど不思議な存在でしょうか。私にはよくわからない、ただ石を積み上げただけの四角錐にしか見えないのです。見た目通り形はシンプル、石なので高く積み上げるのはそれほど難しい事ではない、単に労力の問題のように感じます。クフ王のピラミッドの内部構造は確かにすごいのですが、歴史で蓄積した技術があります。個人的にはスフィンクスやアブ・シンベル神殿のほうがよっぽどすごくて感動しますし、歴史の重要度から言えばヒエログリフのほうが重要です。ピラミッドは技術の集積であったとしても、不思議とかすごいとか感じられないのです。

 

Atc0268

世界の七不思議という「誤訳」を誰が与えたのかわからないのですが、正確には観光目的の「世界の七つの景観」という観光案内で、その中にピラミッドが取り上げられています。観光ガイドなので生きやすい場所、大都市や港の近くで、アブ・シンベルのような行きにくい場所は外されたのでしょう。バベルの塔も含まれるので世界から選ばれた素晴らしいセレクションですが、現在はピラミッドしか残っていないため「不思議」が集約されてしまっているのです。メソポタミアやギリシャとエジプトは陸続きですが、間に厳しい砂漠地帯と国境があります。その為、船での貿易が中心でしたからピラミッドの副葬品として素晴らしい船が埋められていましたね。ピラミッドよりこの船の方に驚きますし、これほどの巨大な船があったのですから遠洋航海が可能だったでしょう。

 

Atc0269

ギザのピラミッドは紀元前2500年頃の建造ですが、階段状、屈折ピラミッドなど紆余曲折を重ね、現在では100を超えるピラミッドが発見されています。その集大成(?)がクフ王のピラミッドで高さは146mですから確かに巨大建築です。しかしピラミッドよりずいぶん前にバビロニアでは赤れんがによる高層建築であるジグラッドを建てているですから驚くほどの事は無いように思うのです。

 

Atc0271

ただジグラッドがいくつかの痕跡を残す程度で破壊されて無くなっている事から、4500年もの月日を耐えたピラミッドは確かにすごいですね。結局、石の頑丈さは偉大です。

 

Atc0272

« 世界の歴史を少し正確に理解する 道教 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ピラミッドはすごいのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ