« 日本の歴史を少し正確に理解する 開戦前夜 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 真珠湾攻撃 »

2015年8月13日 (木)

世界の歴史を少し正確に理解する 中国の古代文明

Atc0193

学生の頃、中国にあった世界四大文明の一つは「黄河文明」と習いました。同じような記憶を持たれていれば同世代です。現代は20世紀末に研究が進んだ長江文明、遼河文明などが黄河文明と同等かさらに古い事がわかっているようです。黄河文明は紀元前7000年ころから始まり、その頃には畑作農家が始まっていたことがわかっています。その後しばらくしてから、稲作農家に発展していくのです。黄河文明の特徴は黄河の氾濫域の肥沃土を利用した稲作であり位置から考えて殷などの国家につながっていったと考えられています。その為、私たちが習った事は間違いではありません。

 

Atc0192

黄河が中国最古の古代文明と考えられていたのですが、近代の発掘から長江文明のほうが稲作の歴史としては古いとされています。日本にも長江付近から稲作が伝わったことが既に分かっており、世界ふしぎ発見でも何度も紹介されていましたね。この地帯での稲作の始まりは驚いたことに紀元前12000年頃と考えられ、黄河より圧倒的、5000年も古いのです。こんな発見が最近あったのですから、今後も考古学による世界史の塗り替えは発生するでしょうね。楽しみです。

 

Atc0196

遼河文明は中国の東北部にあり紀元前6000年頃から始まったようです。今は寒い地域ですが、紀元前6000年と言えば地球が温暖な時期であり寒くありませんでした。ちょうど縄文時代の日本に芸術的な文化が栄えた時です。遼河文明は黄河や長江とは異質の文化だったようですが、紀元前4000年ころからこの地帯の砂漠化が始まり南に下り中国の文化と融合します。平和な融合ではなく戦争と侵略による民族融合でしょうけどね。人口が密集し、文化の融合で高度化し、民族の融合で生活にルールが必要になり国の発生したのではないでしょうか。

 

Atc0194

存在する可能性が高い最も古い中国の国は「夏」です。夏は史記に記述があり、史記よりも古い文献が出てこない限りさらに古い国の歴史は見つかりません。秦の時代に焚書坑儒があったため古い文献は見つからないはずですので(亀甲文字か粘土板でも見つかれば別ですが)「夏」が中国最古の国と考えてよさそうです。さて夏とはどんな国だったのでしょう。

 

Atc0195

« 日本の歴史を少し正確に理解する 開戦前夜 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 真珠湾攻撃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ