« 日本の歴史を少し正確に理解する ノモンハン | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する マレー作戦 »

2015年8月 9日 (日)

世界の歴史を少し正確に理解する アッカド帝国からバビロニア帝国まで

Atc0180

バビロニアより前からメソポタミアには歴史がありますので少し振り返っておきます。バビル2世の話で終わるのは申し訳ないですしね。シュメール人はメソポタミアの古代文明として小さな都市国家をいくつも作りますが統一王国まではできませんでした。そのメソポタミアを制圧し、統一国家を作ったのがアッカド人のアッカド帝国で、紀元前24世紀ころでした。

 

Atc0179

紀元前22世紀になるとシュメール人がウル第三王朝を作ります。ウルナンム法典はバビロニア法典に先立つ最初の法律です。ジグラッドが作られ始めたのもこのころだそうです。しかしここでシュメール人は絶滅、正確には次の民族に吸収されたのでしょう。次の民族がバビロニアを建国します。民族はアムル人。

 

Atc0181

旧約聖書では一週間が7日になった創世神話が生まれています。しかしバビロニアでは太陰暦ではありましたが、週7日制を使っていたのはバビロニアです。旧約聖書はその7日間に合わせて創世記を整理したと考えられます。この7日間は4倍すれば28日の1か月、つまり新月から半月までの期間が7日間だった、太陰暦の1月(新月から新月の間)を4で割っただけなのです。

 

Atc0183

さてメソポタミアと並ぶ東洋の歴史、中国に飛びます。

 

Atc0182

« 日本の歴史を少し正確に理解する ノモンハン | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する マレー作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ