« 日本の歴史を少し正確に理解する 昭和へ | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 資源を求めて »

2015年7月 6日 (月)

世界の歴史を少し正確に理解する プロメテウス

Atc0074

プロメテウスは神の一人ですが、人類が幸せになると信じてゼウスの命令に背き天界の火を盗み人間に与えます。またプロメテウスが人類を創造したとも言われているのです。プロメテウスが与えた火は人を温め、料理に使えたのですが、次第に製鉄につかわれ武器を作り戦争の原因となりました。約束を破られたゼウスは怒りプロメテウスを山に磔にし、ハゲワシに肝臓を食べさせます。しかしプロメテウスの肝臓は毎晩再生するので毎日のように苦しむのです。ヘラクレスにより解放されるまでプロメテウスは苦しみ続けます。肝臓は自己修復力の強い臓器ですがギリシャの人たちはそのことを知っていたのでしょうか。それとも単なる偶然でしょうか。

 

Atc0077

ゼウスがプロメテウスを捕まえるために作った人類の「女性」パンドラ、そのパンドラは好奇心で開けてはならない箱を開け、さまざまな災いが飛び出してきます。女性が災いの元凶という少々悪意のある物語ではありますがアダムとイブの話に似ていませんか?ゼウスの怒りやパンドラの箱が原因で、人間は寿命を持ち疫病に襲われるようになったとされます。このような記述は宗教的ですね。私たちはこれを「パンドラの箱」と覚えていますが本当は壷のようです。

 

Atc0079

プロメテウスはギリシャ神話の中でも人気の高いヒーローですから有名です。プロメテウスの物語として思い出すのは漫画「アリオン」です。ガンダムの作者が描いた物語で、斬新な解釈ですがとても面白かった事を記憶しています。ギリシャ神話はあいまいで切れ切れの叙事詩の集合体ですから、つなぎ方次第で面白い物語ができるようです。私たちは今でもパンドラの箱を開けると格言のように使いますし、メデューサの髪の毛が蛇であることを知っています。これらが3000年以上も前の物語なのですから驚きですね。

 

Atc0076

本来は神話の話を続けるべきなのですが、ここで一度「アテネの歴史」をはさむことにします。ギリシャ神話と連続性をもって理解したほうがわかりやすいからです。

 

Atc0075

« 日本の歴史を少し正確に理解する 昭和へ | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 資源を求めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を少し正確に理解する 昭和へ | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 資源を求めて »

フォト
無料ブログはココログ