« 世界の歴史を少し正確に理解する 先史時代 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ムー大陸とアトランティス大陸 »

2015年6月14日 (日)

日本の歴史を少し正確に理解する 平成維新はなぜ失敗したのか

Osk0227

明治維新について学んできましたが、平成維新についてはっきりと言っておきたいことがあります。明治維新は日本の歴史における最大級の軍事クーデターであり、膨大な数の殉死者を出し、幕府から明治政府に行政が遷り、軍国化と西洋化を成し遂げました。維新の変化は日本国民全員にとって生死にかかわるレベルに劇的であり、海外への影響も(悪い面を含めて)大きかった革命です。大阪府の行政区分を変えて名前を変更するという「微調整」を「維新」と呼ぶことに個人的に嫌悪感がありました。明治維新の英雄に対してあまりにも失礼です。ただし政党、党首、方針が嫌いだったわけではありません、単に政党の名前だけが嫌いだったのです。

 

Osk0225

言葉は選ばなければいけません、維新という言葉の持つイメージの強さから今回の改革目的は大きく外れていました。大阪、もしくは日本国民は「維新」に明治時代クラスの大きな変化を期待してしまい、ちょっと税金が節約できるという程度で維新という言葉を使う事には違和感があったでしょう。忘れないでいただきたいのですが明治維新には多くの国民が今でも誇りを持っています。これは政治にとってつまらない違和感です。明治維新には時間がかかりました。大改革は大きなエネルギーを持っていますから時間軸は無意味です。しかし小改革を維新という「名前だけでエネルギー」が維持できることはありません。明治維新を参考に「時間をかけてもよい」と考えていたのであれば失敗でした。ちなみに「昭和維新」と呼ばれたクーデターがあった事をご存知でしょうか。現在は「二・二六事件」と呼ばれる軍事クーデターで、失敗に終わった結果、首謀者は自死か死罪です。首謀者が笑顔でインタビューに答えるようなことはありませんでした。

 

Osk0226

勿論、言葉の選び方だけが勝敗を決めたわけではありません。維新という言葉に踊らされ、変化の内容もわからず賛成票に入れた人の数が多かった事も事実でしょう。それもまた私が平成維新を嫌いな理由です、名前に騙されているような気がするから。反対票が多かったのは「変化の内容が生ぬるい」から維新という言葉の違和感に嫌悪した人もいたはずです、高々二重行政の解消を「維新」と言われても…日本人の高学歴をなめすぎです、大阪府民は学業成績が悪いので維新の内容を知らないと馬鹿にされた気分でした。平成維新ではなく「大阪行政改革推進党」であり、「大阪行政改革」あれば多くの人が喜んで賛成したはずです。もし大阪「維新」と呼ぶならば、議会制度を崩壊し府民選出による大統領制にする、大阪が日本から独立する、せめて大阪独自の憲法を作成し日本国憲法よりも優先するという程度の「クーデター」をもって日本国自衛隊と戦う覚悟で平成大阪維新を宣言すべきでした。

 

Osk0228

口先が達者な市長でしたので、もう少し大きな野望を持ち「本当の維新」にチャレンジされるのであれば内容次第では応援したいという気持ちはあります。ただし大阪独立のため日本自衛隊と戦うのであれば広島出身の私は悩みますね(笑)

 

Osk0230

« 世界の歴史を少し正確に理解する 先史時代 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する ムー大陸とアトランティス大陸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ