« 世界の歴史を少し正確に理解する 言語の起源 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 文化の起源 »

2015年6月10日 (水)

日本の歴史を少し正確に理解する 明治日本の産業革命

Osk0214

話題が明治維新から一気に日清戦争に飛んでしまい、文化に興味が無い個人的嗜好を露呈してしまいました。この度、明治の産業革命遺産が世界遺産に登録されそうですので概要を把握しておきます。

 

「国宝」と言いますと日本は歴史の長さ、天皇家との関係が優先され江戸時代の遺産でさえも登録が遅れています。明治の遺産となると国宝はほとんどありませんね。一方で世界遺産には柔軟性があり、原爆ドームという昭和の遺産でさえも登録されています。明治日本の産業革命遺産についても国宝になるのは100年後かな?

 

Osk0215

何故「産業革命遺産」であり「富国強兵遺産」ではないのかと言えば対外的イメージが悪いから、また今回の申請対象は広範囲の時代、明治以前から明治終盤までの遺産を含んでいるからでしょう。雑多な遺産が含まれますが、根幹は海援隊から始まる明治日本の造船技術にかかわる遺産群であり造船所、製鉄所、炭鉱などが含まれています。また明治維新の資産が含まれている事も特徴です。レプリカですが松下村塾、グラバー亭、萩の城下町など、海援隊の施設が残っていれば入ったはずです。報道陣は軍艦島に注目していますが、申請の主役は萩、鹿児島、長崎の明治維新施設でしょう。軍艦島はいつの時代の遺跡かと言えば昭和です。

 

Osk0216

日本産業の特徴は明治維新を境にした鎖国からの劇的な変化であり、文明開化ブームに乗った急激な西洋化であり、今でも世界を圧倒する造船技術でしょう。製鉄、織物も発展しましたが日本が世界全体に影響を与えた産業とは言えません。戦艦大和や武蔵は現代でも驚異的ですし日本の造船技術は今でも世界一です。韓国や中国にとって日本の産業革命、特に造船は軍事目的であり、背景に征韓論があり、明治は日清戦争を含む時代ですから当然反対でしょうね。彼らに「朝鮮や清と欧州諸国との覇権争いを行うための軍設備であり負の遺産を含む」と言われれば否定できません。海上自衛隊の戦艦や潜水艦の軍事力は「今でも」世界最強クラスです。一方「人類の技術革新」という側面から言えば、日本の造船は欧米に対抗できるアジアの技術革新、地位向上に大きく貢献し、今でも世界経済を支えています。

 

Osk0219

本来は薩長の技術施設の世界遺産登録を目指していたようですが、最終的には政治的な香りのする遺産登録になりましたね。松下村塾に至っては思い切りレプリカですけどいいのでしょうか。まあ安倍首相は長州閥ですから、仕方ないですね~。

 

Osk0218

« 世界の歴史を少し正確に理解する 言語の起源 | トップページ | 世界の歴史を少し正確に理解する 文化の起源 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ