« 日本の歴史を少し正確に理解する 自由民権運動 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 日清戦争 はじまり »

2015年5月25日 (月)

日本の歴史を少し正確に理解する 鉄血宰相 ビスマルク

Osk0130

現在のドイツ、プロイセンの首相、オット・フォン・ビスマルクは小国に分かれていたドイツを統一した人物で鉄血宰相と呼ばれました。大日本帝国憲法はビスマルク憲法を参考にしたと言いますのでどのような人物だったのか調べておきましょう。彼が鉄血宰相と呼ばれたのは首相就任時に行った演説にあります。時代はフランス革命などでいわゆる自由主義や民主主義がヨーロッパに起きつつありました。しかしプロイセンは違う道を歩みます。

 

Osk0131

「全ドイツが期待するのは自由主義ではなく武力である。演説や多数決ではなく鉄と血によってのみ解決される」としました。いわゆる軍制改革、帝国主義であり日本的に言えば富国強兵策でした。小さな国家だったプロイセンは戦争を重ねドイツを統一します。ドイツはイギリス、フランス、ロシアなどの先進国により支配されていたヨーロッパにおける新興国家であり、弱い国が強国になった規範となったのです。

 

Osk0133

ドイツの統一は日本維新に似ており、列強に対抗する力を一気につけたドイツには日本人も驚きました。明治の政府は岩倉などがドイツを訪れます。福沢諭吉が英語圏の国々を訪ねていたためドイツの帝国主義かイギリスの民主主義か、憲法を定める前に議論となりました。残念ながらドイツが選ばれ、日本は帝国主義を歩むことになるのですが、当時の時代を考えれば間違った判断とは言えません。戦後の現代を考えれば「間違っていた」と言えるかもしれませんが。

 

Osk0132

日本の現在の繁栄はすべての過去の積み重ねです。単純に過去を批判するのは現代を否定することと同じです。つらい歴史ではありますが、しっかりと客観的に見ていきましょう。

 

Osk0136

« 日本の歴史を少し正確に理解する 自由民権運動 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 日清戦争 はじまり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を少し正確に理解する 自由民権運動 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 日清戦争 はじまり »

フォト
無料ブログはココログ