« 日本の歴史を少し正確に理解する 戦争で見る明治の歴史 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 標準語 »

2015年5月22日 (金)

日本の歴史を少し正確に理解する 文明開化

Osk0116

「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」文明開化と命名したのは福沢諭吉のようです。

 

文明開化は明治時代ですが始まったのは江戸時代です。1800年代の初頭にイギリスではじまった産業革命はイギリスの軍隊を強大にしました。紡績、製鉄、蒸気エンジンが大きく進歩した時代です。その情報はオランダを経由して江戸時代の日本に「蘭学」として伝わりましたが、オランダではなく欧州の技術でした。日本が劇的に西洋化を始めたのは蒸気船の能力を見せつけられた黒船の影響でしょう。

 

Osk0113

幕府と長州の戦いで軍艦や武器を輸入したと同時に西洋風の軍服が導入されます。長州の奇兵隊は民間の志願兵であり、軍服を着ていたようです。西洋式の軍隊は徳川幕府に戦争で勝ったのです。明治維新後には不平等ではありましたが日本と西洋の貿易が一気に加速し、輸入だけでは足らなくなって富国強兵、つまり自国生産を始めます。西洋の品々は押し付けられたわけではなく、新しいものに飢えていた江戸時代の日本人の購買意欲に火がついた「買い物依存症的現象」と感じています。明治の初期には郵便システムが導入され、1872年には新橋横浜間に蒸気機関車が走り、富岡製糸場ができます。日本人の技術吸収速度は驚くべき速さですね。その後、すぐに製鉄所もできてきます。

 

Osk0115

日本人は文明開化でライフスタイルまで変えてしまいますが日本風のアレンジを忘れません。今でも瓦を使った洋館を横浜や神戸で見る事ができますね。洋服が増え、髷はすぐに見られなくなり「散切り頭」となります。食生活が変わり肉(四足)を食べるようになります。特に海軍はイギリス料理として持ち込まれたルーをご飯にかけたカレーライスや、肉とジャガイモを煮込んだ「肉じゃが」を開発、今では国民食ですし海軍基地があった呉や舞鶴の名物になっています。

 

Osk0119

西洋の人にとって日本の文化も刺激的だったようです。浮世絵など日本の工芸美術品は海外に輸出されます。そもそも歌舞伎の宣材であった浮世絵は海外で美術品と評価されました。「日本の絵画が低価格で盗まれた」という人がいますが大間違いで、日本では評価されなかった、文化だと思っていなかったのです。日本と西洋の文化交流が始まりお互いの文化を刺激しました。現代でも日本の「オタク」文化は西洋人(そして驚いたことに中国人までも)を熱狂させていますが、日本で「お宅」は長い間差別用語的に使われていました。日本人の西洋かぶれと自国の良さを見つけるのが下手な民族性は明治時代も今も変わらないようです。

 

Osk0118

« 日本の歴史を少し正確に理解する 戦争で見る明治の歴史 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 標準語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を少し正確に理解する 戦争で見る明治の歴史 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 標準語 »

フォト
無料ブログはココログ