« 日本の歴史を少し正確に理解する 禁門の変 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 第一次長州征伐 »

2015年5月 3日 (日)

日本の歴史を少し正確に理解する 桂小五郎

Osk0010

名探偵コナンの小五郎おじさんは「眠りの小五郎」と呼ばれており、コナン君によるこん睡人格乗っ取り事件の被害者ですが(笑)桂は「逃げの小五郎」です。桂は吉田松陰に山鹿流兵学を学んでいますが、松下村塾とは関係ありませんが、松下村塾の生徒以上に強い師弟関係、友人関係にありました。吉田松陰が黒船に乗った時、加担しようとしたほどです。桂小五郎は武術にも長けた軍人ですが、京都ではしばしば身を隠していたことで有名です。いつも隠れているので明治維新が好きですと情けない人物の印象が残りますが、明治政府を立ち上げ軌道に乗せた英雄の一人です。どうも日本人は最後まで生き残った人が好きではなく、途中で亡くなった吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬などが大好きです。維新軍の敵である新選組の沖田総司まで人気なのですから驚きです。ただし確かに長生きなので、どのタイミングで桂小五郎を取り上げるのか難しい所でした。禁門の変を乗り切って生きつづけ、京都に残ったところが彼の最大の武勇伝かもしれませんから、ここで取り上げましょう。

 

Osk0008

桂小五郎は京都近郊にいます。そのおかげで坂本龍馬が薩長同盟を結ばせるための打ち合わせができたわけです。桂小五郎のすごい所は、宿敵であり多くの友人を殺した薩摩藩の実質的なボスである西郷隆盛と手を結んだことです。坂本龍馬は今ではヒーロー像があまりに大きくなっており下手なことを書きにくいのですが、今で言えば口車の上手い商社の社長です(笑)坂本龍馬の根幹にあるのは確かに志ですが、その支えとなるのが商人としての経済勘定です。この経済勘定は数学と同じく明確で利益が見えやすい、過去の禍根を打ち消すほどに利益に飛びつきたくなるようなセールストークで二人の豪傑を説き伏せるのです。薩長同盟と坂本龍馬については後日に触れるとして、ここでは桂小五郎でしたね。

 

Osk0007

桂小五郎は吉田松陰に強く影響を受けています。他の志士の誰よりも強く影響を受けていたのかもしれません。吉田松陰は自己破壊的な突進タイプでした。吉田松陰が桂小五郎位に慎重で逃げ延びていれば日本の初代総理大臣になっていたかもしれません。つまり桂小五郎は常に行動が慎重で、危機回避能力に優れ、長州が京都から撤退しても関西に残り重要な役割を担った点で、明治維新に最も貢献した一人です。逃げの小五郎と言いますが、常に戦闘からは逃げたものの京都からそして彼の使命からは逃げなかった事で明治維新が成立し、一度は朝敵となった長州藩が明治維新の主要メンバーとなり、初代総理大臣を排出する事になったのです。

 

Osk0012

西郷隆盛、大久保利通、そして桂小五郎が明治維新の主人公であることは間違いないのです。

 

Osk0009

« 日本の歴史を少し正確に理解する 禁門の変 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 第一次長州征伐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を少し正確に理解する 禁門の変 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 第一次長州征伐 »

フォト
無料ブログはココログ