« 日本の歴史を少し正確に理解する 第二次長州征伐 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 船中八策 »

2015年5月 9日 (土)

日本の歴史を少し正確に理解する 勝てば官軍

Osk0043

県庁所在地と県の名称が同じであれば明治維新の戦勝国と学びました。しかし廃藩置県の時には現在よりも県の数が多く300近くもありましたし、市町村合併などで埼玉県のように県庁所在地の名前が変わったところもありますから正確な情報とは言えません。福島県は福島市ですが、本来の首都は会津藩の会津若松市でした。敗戦により他の藩に吸収合併されてしまったのです。それならば長州の山口県はどうかと言えば、彼らは首都機能を萩から移すことが明治維新前の念願でした。また江戸は東京になりました。単純ではありません。

 

Osk0040

長州征伐の時、幕府は御旗を掲げました。その後に幕府は降伏、政権を薩長土肥同盟=明治政府に渡し「大政奉還」してしまいます。王政復古の大号令の後、残存兵力である会津藩と新選組の掃討作戦が始まり、鳥羽伏見の戦いが始まりました。今度は薩長の軍隊や土佐の板垣退助が御旗を掲げ、進軍していきます。幕府軍は新政府軍の3倍もの軍勢を持っていたようですが、朝敵になる事を避けて関西から撤退します。戦場は江戸に移動します。

 

Osk0041

御旗を持つかどうかで「正義」が決まり、相手は逆賊になります。「善悪」という概念と「正義」は異なるのです。物理的に御旗を持つことで正義になるのです。明治維新の一番の敗戦国は徳川幕府ではなく会津藩です。鳥羽伏見の戦いから続く戊辰戦争で、被害が一番大きかったのは会津戦争ではないでしょうか。会津藩1万に対して板垣退助をリーダーとした政府軍は75千人、会津は3000人近くの被害者を出しており白虎隊の話は有名です。その時、会津は「賊」ですから御旗を持つ新政府軍に進んで協力した会津住民までいたようです。江戸時代末期でも天皇家の神格は日本中に浸透していたのですね。

 

Osk0042

これからは人数でもない、正義でもない、ただ朝廷を味方に付け御旗を持った軍隊によるクーデターが始まります。

 

Osk0044

« 日本の歴史を少し正確に理解する 第二次長州征伐 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 船中八策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を少し正確に理解する 第二次長州征伐 | トップページ | 日本の歴史を少し正確に理解する 船中八策 »

フォト
無料ブログはココログ