« 地球温暖化に関する報道の無責任 | トップページ | 歴史を少し正確に理解する 竹取物語 »

2014年12月22日 (月)

歴史を少し正確に理解する 平安遷都

Sin0296

710年、巨大な平城京が作られます。それなのにわずか84年後の794年に平安京に遷都します。なぜでしょう。

 

最初に重要なお願いを繰り返せば、ここでは私の勝手な理解を書いてあるだけで歴史でも何でもありません。歴史に関する私の知識は人並みをはるかに下回りますので、個人の戯言です。そもそも1000年以上も前の事ですし、理由はいくつもあったでしょうから、世の中にあるのは「確率の高い推論」ばかりであり、たった一つの原因を確定する事はナンセンスです。たとえ間違えた原因を選んでも過去の日本の歴史が変わるわけではありません。個人的に納得したいという娯楽として、この文章を書いています。

 

さて、「私は」平安遷都を学校でどういう風に習ったでしょうか。高校では地理を選択しましたので私の日本史は中学レベルです。当時は「794年に平安京遷都」という年代を覚える事だけに集中しており、遷都の理由なんて考えもしませんでした。10歳そこそこの世代にとって平城京が続いた84年は十分に長い期間です。第二次世界大戦が終わって、まだ30年ほどしかたっていない頃ですからね。

 

Sin0291

今の年齢になってみれば84年が短すぎる事に気が付きます。しかも平城京は平安京の前に長岡京に移動しているのです。他の時代の遷都は比較的理由がはっきりしています。支配者層の変化です。徳川家は幕府を江戸に置きます。室町幕府は京都に、鎌倉幕府は鎌倉に置いています。幕府の名前が変わるのは政変です。支配者が変わっているという意味では革命とも言えます。源氏の鎌倉、徳川の江戸は基本的に自分の「本陣」に首都機能を移しています。しかし平安京は少し難しさがあります。京都を本陣としている支配者層による革命ではなかったからです。一般論をひも解いてみれば平城京は治水に問題があった、だから平安京に移ったと言いますがそれだったら治水工事をしたほうがきっと安上がりですね。当時京都は田舎で、人口は少なく、土地は渡来系の豪族が所有していたと聞きます。つまり天皇家の直轄ではない未開の地だったのです。そんな土地に移動したのはやはり「政変」が一つの大きな要素と考えていますが、他の政変と違うのは「天皇家」という肩書だけを奪った一方で実力は持っていない逃亡劇だと感じているのです。

 

Sin0295

天智系、天武系の議論は歴史家に任せますが、その時に処分された天武系の数の多さを見ればやはり天智系による革命でしょう。革命と同時に天武系とかかわりが強く権力のある寺院から距離を置くというのは寺院が天武系の影の実力者であったことを想像させます。法隆寺も東大寺も薬師寺も、強大な戦力(僧兵)を持つ軍事組織でした。寺院が軍隊であるという認識は学生の時に全く持っておらず「お経がうるさいから遷都したのかな?」とかわけのわからない事を考えていました。天皇家を滅して支配者層になる、もしくは天武系に戻す、当時の寺院が「再度のクーデター」を考えてもおかしくありません。天皇家はどちらかと言えばこの巨大寺院勢力から逃走したのでしょう。「奈良を脱した」つまり脱出したという表現はいろんな歴史書で使われています。史実ではありませんが天皇家の系図を見れば誰でも「天武系は滅びた」「天智系は復活と同時に平安京に落ち延びた」と勘繰るでしょう。繰り返しますが天智系と天武系の議論についてはここでの範疇を超えています。中大兄皇子が天皇家を奪ったのか大海人皇子が天皇家を奪ったのか、それともどちらも本当に兄弟で天皇家だったのかわかりません。ただ平安遷都の前に天智系に皇位が映り、その後天武系のクーデター未遂事件があったことまでは歴史に残っています。そのクーデターの後すぐに天皇家は長岡京に遷都するのです。つまり天智系は天皇の座を奪取したものの、まだ十分な実欲が無かった「落ち延びた」のではないかと想像できます。

 

Sin0298

つまり平安京は天智系が政権を奪回し、新しい成都を「平安」京に作ったのでしょう。基本的に他の遷都と同じく政変です。その後810年に平城京に戻りそうになった事件があったようで、平安京が平安になるまでにはかなりかかったようです。「平家」がでてくるのはもう少し先ですが大きな流れはここに始まっているような気がします。

 

Sin0299

« 地球温暖化に関する報道の無責任 | トップページ | 歴史を少し正確に理解する 竹取物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球温暖化に関する報道の無責任 | トップページ | 歴史を少し正確に理解する 竹取物語 »

フォト
無料ブログはココログ