« 歴史を少し正しく理解する 仏教伝来と漢字 | トップページ | シンガポール・フライヤーに乗る価値は? »

2014年12月31日 (水)

将来の防犯を考える

Sin0354

まず個人的な意見ですが、不思議な犯罪が増えた一つの理由が個人情報保護法だと思っています。そんな法律はアメリカを含め多くの先進国にはありません。この法律は過剰で、本来はカード番号など資産を守る目的だったと考えているのですが、住所や電話番号まで対象になってしまいました。そんなものはその人の後をつければわかるので本当の秘密ではありません。その上、困ったことに犯罪者の情報まで隠してしまいます。近隣との関係が希薄になり、抑止力が働かないのです。そのためストーカーや子供を狙うような異常犯罪が増えているのではないかと感じているのです。近隣に個人情報があけっぴろげになっていれば抑止力が働くし、個人情報を隠す人が怪しいと感じるのですけどね。そのため、どこかの段階で個人情報保護法は見直すべきです。これがまず「将来の防犯」の一つです。五人組につながるような古い方法ですけど、日本の治安が高かったのは個人情報を近所で共有していたからだと思います。インターネットではカード情報や預金の情報などが漏れてしまいますので、これらは保護しなければいけません。しかし資産に関する情報以外は保護すべきでないと感じています。先日、原発反対の署名に住所欄があったので「個人情報保護法違反」と会社に訴えた人がいました。法律としては正しいのかもしれませんが、人間関係としては異常だと背筋が凍る思いがしました。

 

Sin0357

さて次に科学技術的な話、天気予報の衛星が高性能になってきました。そのうち、1分おきの日本中の精細な写真が撮れるかもしれません。つまり防犯カメラ衛星、何月何日何時の衛星画像が防犯に使われるかもしれません。残念ながら曇りの日や夜は解析ができないかもしれませんが、晴れた日であれば事件前後の車両や歩行者の情報を提供できるかもしれません。ある意味、怖い話で、スピード違反も捕まるかも。製錬潔癖な日本人になるよう頑張らないといけませんね。個人的には過激な毎朝過激なスピード違反をしている車には通勤時に迷惑を受けており、逮捕してほしいなぁ。衛生写真じゃなくても車載カメラは増えているので、一般投稿によるスピード違反の車の摘発は強化してほしいと感じています。

 

Sin0358

さて一方で死刑の問題。被害者の事を考えると死刑はあったほうがよいと感じる一方で、人が人を殺害する合法的な判断があっていいのかという疑問はあります。死刑執行人もつらい。そこで死刑ではなく、死ぬほどにつらい無期懲役があっても良いように感じています。ただ決して拷問ではありません。たとえば仏教の修行や永遠の写経、過酷な土木労役などが考えられます。これらは宗教や職業として当たり前の負荷であり、拷問ではありません。ただ、今の犯罪者の負担として死刑は重過ぎ、無期懲役は軽すぎると感じています。刑期中の人の生活を支える税金もかかりすぎます。刑務所の食事だって税金で払われているのですから。

 

Sin0359

お布施が惜しくないほどの精神修行、もしくは日本の経済活動に貢献できる程度の職務は犯罪の被害者にとっても現状よりましでしょうし、高齢化が問題となっている日本経済にとっても悪くない話です。

 

Sin0360

« 歴史を少し正しく理解する 仏教伝来と漢字 | トップページ | シンガポール・フライヤーに乗る価値は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史を少し正しく理解する 仏教伝来と漢字 | トップページ | シンガポール・フライヤーに乗る価値は? »

フォト
無料ブログはココログ