« 泉大津について学ぶ その3 | トップページ | スーパーボルケーノ »

2014年11月 6日 (木)

京都のおすすめ紅葉スポット

Sin0136

個人的な京都の紅葉おすすめスポットです。

 

まず5位は東福寺。駅から近く日本を代表する紅葉が美しい寺院ですが、とにかく人が多い。紅葉を見に行っているのか人の頭を見に行っているのかわかりませんし、落ち着いて写真撮影をすることができません。ただし京都の中でも最も美しい部類の紅葉なので、寺院に入るまで1時間ほど並ぶ覚悟をしてでも一度は見に行ってみたい場所です。次は4位の龍安寺、夕方に訪れたのですが池と紅葉と夕日のコントラストが絶妙で、個人的には京都で最も美しいと感じた紅葉スポットです。ただし時間帯と天気により美しさがかなり変わります。またここまで到達するのはかなり難しい。地下鉄の駅からは遠く、金閣寺から銀閣寺など京都有数の観光スポットが集まるエリアなのでバスは超満員(というより乗れない)。山に近いのでアップダウンもあり、長距離を歩く体力のある人かタクシー代が惜しくない人向けです。

 

Sin0133

3位の常寂光寺も有名なのでご存知の方が多いはずです。嵐山から近く、門から寺院に登る階段を囲う紅葉は絶景です。残念なことに私がここに行くと必ず雨か曇り、きっと天気が良い日に訪れる事ができていれば2位との接戦を繰り広げる事でしょう。通常は嵐山から歩いていく事になると思うのですが、到着までの間にも紅葉スポットがありますし、民家の紅葉の美しさにもおどろきます。ただしその狭い道をタクシーが通り過ぎて行きますから写真撮影に熱中しすぎないよう注意してください、はねられます。2位は永観堂、南禅寺の隣です。入場料金1000円と他に比べて高額なのですが、入場料金の価値は十分にあります。昼と夜に訪れましたが、個人的にはライトアップされた夜景よりも昼の方が美しいように感じました。もみじだけではなく、イチョウも美しいですよ。多分、京都の中で最も美しい紅葉ですが、値段が高いので2位にしました。ついでに哲学の道の散策もお勧めですが、こちらは人の多さに苦しみます。

 

Sin0135

1位は嵐山と天龍寺。天龍寺の庭園はバランスの良さが魅力です。入場料金のかからない嵐山も魅力ですが、日差しの関係から早朝をお勧めします。山を散策し、自分のお気に入りの「一本木」を探すと楽しいです。ただし気候の経年変化の影響からか10年ほど前に比べますとかなり枯れ木が増えてしまい、とても残念に感じています。それでも常寂光寺や大覚寺に近く、渡月橋など他の観光地もあり、さらに駅から近いのが魅力です。人力車という楽しみ方もあります(値段は高いですが、仕事のハードさを考えれば妥当ではないかと)。舞妓さんや芸子さんの和服に着替えて歩くのもいいのですが、外国人に取り囲まれ写真撮影は覚悟してください。お土産屋さんが多いのも魅力で、路地裏に小さな素敵な店を見つける事ができますよ。

 

Sin0138

他には大覚寺(池が大きすぎて紅葉が目立たない、駅から遠い)、二尊院(ルートから言えば常寂光寺の後になるので見劣りが)、小倉山荘(ここも個人宅とは思えないほど美しいのですが抹茶付なので値段が高いかな)、仁和寺(天皇家の歴史に興味がある人向け)、妙心寺(年により見られる寺院が変わるため博打要素有)、大徳寺(妙心寺と同じ)、宝ヶ池(京都中心部からちょっと遠いのが難点です)、醍醐寺(こちらも中心部から少し遠いですね、桜が有名なのでもみじの数は多くないです)、南禅寺(入場無料でレンガ造りのインクラインが魅力、永観堂と一緒に)、哲学の道(桜を含め京都有数の美しい紅葉、でも人が多すぎ)、インクライン(紅く染まった蔦などがきれい)、清水寺(紅葉スポットだけどあまり感動した記憶がないです、清水に行ったことが無いのであれば紅葉の時期がおすすめ)、円山公園(紅葉は少な目)、京都植物園(値段が安くてきれい、ただし植物園なので歴史情緒には欠けます)、高台寺(紅葉より夜のライトアップが有名?)、下鴨神社(紅葉というより糺の森の美しさ)、上賀茂神社(林の風景の中での紅葉が魅力、中心部から遠いのが難点)、そのほかいくつかの寺院(長岡京や宇治近辺)や公園の紅葉を散策しており、これらの中から選びました。

 

Sin0137

« 泉大津について学ぶ その3 | トップページ | スーパーボルケーノ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉大津について学ぶ その3 | トップページ | スーパーボルケーノ »

フォト
無料ブログはココログ