« 歴史を少し正しく理解する 一向一揆 | トップページ | クラウド・フォレスト »

2014年11月14日 (金)

最近のニュースを見て感じたこと

Sin0178

時に中国の政治は日本よりスピード感があって素晴らしいと感じる事があります。一党独裁も悪い事ばかりではありません。サンゴ密猟の漁船を「破壊する」というのです。日本のように罰金をいくらにするのか、現行犯でなければ逮捕できないとか、台風の時は人命優先とか、結果としては密猟に対して何も効果を示さない議論が進んでいました。中国にとって赤サンゴ密猟は対日本の関係ではなく対世界の問題でした。船が無ければ漁はできない、ならば船を破壊するというのです。ASEANでの北京の空色にも驚きましたがものすごい政治力です。

 

Sin0180

一方で日本の政治は情けない。金メダルの単価、一個あたり100億円の税金が使われるともめているようです。金メダルを取るためではなくスポーツ振興です。日本人がスポーツを通じて健康になる、そのためのモチベーションアップを考えればスポーツ振興への予算は少ないと感じています。確かにトップ選手だけではなくランニングコースの整備、自転車専用レーンの整備、運動設備の充実などみんなが使える施設にもお金を増やしてほしいのですが、いずれにしてもスポーツ振興にかかった税金を金メダルの数で割る事は滑稽です。例えばスポーツ競技が人気になればユニフォームが売れる、ランニング・シューズが売れる、ビールが売れる(笑)などスポーツ振興の経済効果は大きく、税収にも貢献します。人々が健康になれば医療費も低下し、健康な人が増えれば労働人口も増えます。特に最近の弱年齢層のスポーツ離れは激しく、ジムに行っても平均年齢は60歳ほど?スポーツ振興による経済効果と税金の比率を見るべきで、金メダルの数とは無関係です。文系の間違った指標の使い方…なんて言ったら怒られますが(笑)

 

Sin0182

昨年、シャープの本社に出張した時、シャープ建屋の廃墟ぶりに驚きました。建屋が古く改装されていない、その上、人の数が極端に少なく広いフロアで人に出会わない、大きなリストラがあったのだろうと感じさせられました。そんなシャープも今は復活、本社もそのうち綺麗になる事でしょう。一方でSONYの衰退には解決案が見つかりません。品川駅から少し歩いたところにある御殿山のSONYオフィスがついに撤去になるそうです。こちらも昨年、様子を見るため散歩に行ったのですが、夕方なのに電気が消えたゴーストタウンという記憶があります。もちろん今の本社は品川の駅前にあって、御殿山は旧本社、とはいえSONYが生まれた場所、無くなるのはさみしいですね。ただ品川の一等地なのですぐに買い手がつくでしょう。どんな成り上がり企業が買うでしょうね。

 

Sin0183

ペットの放棄事件。今のペットショップはシステムとして売れ残りが発生します。売れ残りを格安で売れば市場が崩れますからできません。ペットショップで買う事もできません。経済論で言えば今は殺処分しかないのです。その殺処分を保健所が受け付けなくなったので自分で処分するしかない、他にどのような方法があるでしょうか。ペットショップだけを責めるのは日本国民として無責任です。報道は信じられない卑劣な行為と言いますが、その報道は責任のある行動をしているのでしょうか。ペットを紹介するテレビ番組が結果として高価なペットに偏重する原因になっていないでしょうか。殺処分を防げないのであればペットを特定のペットだけに人気を偏重させるテレビ番組には反対です。対策として「売れ残りのペットを最後まで飼育できる環境」を法律で定めればいいのです、ペットのサンクチュアリを作ればいい。そのコストは「ペット税」としてペットを保有している人が薄く広く分担すればいいのです。そうすればどうしてもペットを手放さなければいけなくなった人でもペットを保健所に持っていくような残酷なことをしなくて済むのですから。報道はそのようなアイディアを提供し、国民の理解を誘導していくべきです。

 

Sin0181

« 歴史を少し正しく理解する 一向一揆 | トップページ | クラウド・フォレスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史を少し正しく理解する 一向一揆 | トップページ | クラウド・フォレスト »

フォト
無料ブログはココログ