« 泉大津市について学ぶ その1 | トップページ | 泉大津について学ぶ その3 »

2014年11月 4日 (火)

泉大津市について学ぶ その2

Sin0127

大阪の人はパリ市民やローマ市民に似た気質を持っています。これは私が大阪府民以外だからわかる感覚ではないでしょうか。

 

テレビ番組で大阪の人の面白い性格が紹介されており「大阪のおばちゃん」といえばキャラクターとして確立されています。しかしこれは一部の個性を抽出しているにすぎません。大阪は昔から豊かな土地柄でした。豊かな土地柄では近隣での争いが少なく、争いを管理するための「民法」が育ちません。今の日本国家の法律から言えば違法行為であっても大阪では近隣問題にならなかったのです。その一方で私を含め大阪以外からの外来者が増えたときこの民法を守らなくても治安が維持できる文化は崩れます。外来者が「法律を守らなくてよい」という勘違いをして大阪のローカルルール、微妙な近隣バランスさえ守らなくなります。これは大阪に昔から住んでいる人が悪いわけではないのですが、大阪文化に起因しているとも言えます。

 

Sin0122

例えば駐車違反。呉に育った私は15秒程度の一時的な停車でさえも嫌います。道が狭い呉でコンビニの前に車を止めるような停車は交通パニックを引き起こすので許される行為ではありません。家族に「そこに止めて、降ろして」と言われても、私には精神的にできない事があります。これは私が広島で身に着いた慣習です。しかし大阪ではあたりまえのように路上駐車しますし、コンビニの前には今でも車が並んでいます。これは大阪が平野の地形で、一般的に道が広く、馬車の時代から路上に車を止めるのが当たり前の文化だったからでしょう。違法駐車という規制は大阪文化の後にできたのでしょう。これがパリやローマに似ていると感じられる部分です。古い町でも道が狭い京都では昔から路上駐車の文化が無かったのでしょう。つまり大阪は昔から路上駐車の文化があった、その文化が悪い形で残っているのではないでしょうか。なぜ「悪い形」なのかと言えば外部から来た人は路上駐車を見て「大阪は違法行為が問題視されない」と誤解してしまうのです。単に違法駐車だけではなく「無法地帯」との印象を持ってしまうのでしょう。大阪ですりや盗難が多いのはなぜでしょう。昔、豊かな大阪ではすりや盗難などが少なかった、結果として防犯意識が文化として弱いと感じています。街灯の数が少ない、路側帯と車道の間に柵やガードレールが無い、つまりすりや盗難を起こしやすい街の設計なのです。そのうえ、路上駐車などで治安が悪い場所という印象がついてしまっているのです。残念ながら文化を変える事には大阪の住民の反感が強く、お金もかかります。ここでは犯罪の多さを問題視するのではなく、文化が曲解され治安の悪化を招くことがある、その一つの例が大阪ではないかという分析にすぎません。

 

Sin0126

もう一つの特徴として「大阪の人はオープンではない」と感じています。よくテレビなどで気軽に話しかける大阪の人をみて「オープンな土地柄だ」と誤解されているように感じています。しかし私は大阪の人が誰にでも話しかけるのは「警戒心」の表れと感じています。東京は友人が作りやすいのに、大阪の人たちは比較的高い壁を作ります。もしくは新しいグループを作ろうとしないように感じます。既にたくさんのグループ(輪)があってそこの中に取り込まれるか、入り込めないかという感じが強いのです。新しいグループを作る事自体、反感が強いのです。これも大阪の長い歴史と文化の影響でしょう。大阪の笑顔や冗談は簡単に人と接し、判断し、状況によっては簡単に逃避する道具です。合わない、危険だと感じれば、冗談を言いながら離れていくのです。これは非常に高度に発達したコミュニケーション技術と感じます。広島にはないですね、こんなに短時間で人に近づき判断する事ができません。長い時間をかけて遠くから様子を眺め、判断してから近づくのが広島であり、最初から懐に飛び込むための技術と「ガード」を持っているのが大阪のコミュニケーション力です。商売が育てた技術かもしれません。研究すれば世界の特に商取引に通用するコミュニケーション技術になると考えられます。

 

Sin0123

法律を超えたローカルルール(寛容さ)と世界レベルのコミュニケーション技術が大阪の人たちの気質だと感じています。ただ大阪ローカルの番組が多すぎる事には、さすがに疲れています。

 

Sin0125

« 泉大津市について学ぶ その1 | トップページ | 泉大津について学ぶ その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉大津市について学ぶ その1 | トップページ | 泉大津について学ぶ その3 »

フォト
無料ブログはココログ