« 京都のおすすめ紅葉スポット | トップページ | 誰が貢献しているのか »

2014年11月 7日 (金)

スーパーボルケーノ

Sin0147

皆さんに恐怖心を与えるために書いているわけではありません。理系の趣味です。

 

火山の超巨大爆発、スーパーボルケーノは地球に巨大隕石が落下する可能性と同じくらい頻度は低いですし、本当に起こったら地球上のどこにいても助かりません。地震の時の家具転倒防止や避難経路の確認のような準備には意味がないのでスーパーボルケーノは忘れて構わない危機です。超巨大爆発を気にするくらいなら、交通事故や病気の心配をしたほうが人生にとっては有意義で、信号を守り、飲酒運転を撲滅し、日々運動して健康な体作りに努めましょう。さてスーパーボルケーノの話。

 

Sin0139

イエローストーンは約60万年に1度巨大噴火をおこします。世界の気温は10℃低下し何年も続きます。アメリカはほぼ全滅、多分人類も絶滅するか大幅な人口の減少から数万年前の生活に戻る可能性があると予想されています。日本も火山大国ですが、イエローストーンほど巨大な火山はありません。そして過去7000年にわたり巨大噴火は起きていませんが、阿蘇山や桜島は日本の人口を激減させるのに十分な巨大火山です。阿蘇山はかつて富士山クラスの山だったのに噴火で吹き飛んでカルデラになったという話があります。見た人はいないので本当かどうかはわかりませんね。あくまでもカルデラのサイズからの推定のようです。その大噴火が約9万年前。日本での最後の巨大噴火は鹿児島沖の海底火山で、縄文文化が壊滅し、弥生文化に変わったきっかけになったと言われているそうです。桜島の周り、鹿児島湾もカルデラで、噴火した時には近隣に降り積もる火山灰が10mを超えたというのですからほぼ全員窒息死ですね。

 

Sin0140

超巨大噴火が日本で100年以内に起こる確率は1%と報告されました。個人的には高すぎると感じたのですが、1万年に1度起こるのであれば100年で1%と同じ確率になりますからおかしな数字ではない事に気が付きました。ただそれほど心配しなくてもよい数字に変わりはありません。イエローストーンの方がよほど怖いのです。イエローストーンは60万年周期で既に前回から60万年過ぎているとはいえ、確率論から言えば誤差は数万年あり100年でも確率は1%以下です。しかしイエローストーンの問題は「噴火の兆候がある」事なのです。湖の底が20メートル隆起した、湖が干上がった、公園全体が10cm隆起しているなど100年は持ちそうにないなという印象ですね。

 

Sin0142

噴火しない事を祈りましょう。

 

Sin0144

« 京都のおすすめ紅葉スポット | トップページ | 誰が貢献しているのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都のおすすめ紅葉スポット | トップページ | 誰が貢献しているのか »

フォト
無料ブログはココログ