« マーライオンを観に行く | トップページ | 「反省」の功罪 »

2014年9月 7日 (日)

ニュースから学ぶ その3

Ise0146

毎日欠かさずに見ている番組があります。「めざましテレビ」です。朝起きて本当に目覚まし代わりに付けている番組です。なぜこの番組を選択しているかといえば朝の準備の邪魔にならないからです。悪い意味ではありません、それがこの番組の明確な戦略だろうと感じています。

朝の目覚めから不快になる討論番組を見たくありません。おもしろすぎる番組であればテレビに釘づけとなり朝の準備が遅れます。この番組ではニュースの事実関係を淡々と読んでそれ以上は深入りせず、インターネットのアクセスランキングを紹介し、不思議な星座占い(笑)に、今日のわんこ、ロペ、めざましじゃんけん。星座占いでは12位になると少し気が重いのですが「でも大丈夫」という言葉で気が楽になります。この番組で比較的力を入れているのが芸能ニュースと東京を中心としたファッションやグルメの紹介です。私の一日にとって重要な情報は天気予報のみであり、他は30分後には記憶から消えています。

 

Ise0147

朝の番組で最も重要なことは不快にならない事であり、「めざましテレビ」のポリシーにしていると感じています。美人な女性キャスターをそろえ、朝から笑顔や馬鹿笑い。戦争、政治、経済に深入りする日曜日のスーパーモーニングと比較すればわかりやすいですね。この番組が朝の時間帯で最も高い視聴率を示しているのには理由があると考えています。多分他の局の番組と比較しても最も軽妙で、不快感を与えない事に細心の注意を払っているのでしょう。加えてバラエティーのような下品さが無く、完璧な戦略を持った番組構成だと感じています。

 

Ise0180

私が見ているのは6時から630分頃までです。一時期この時間帯に丁寧なスポーツ・コーナーがありました。その時は丁寧すぎた、深入りしすぎたニュースであり、番組を見入ってしまうので朝の準備をするには邪魔でテレビを切る事もありました。つまりこの番組は画面を見なくてもかまわない、たまにちらりと見る程度でちょうど良い番組に仕上げてくれているから価値があるのです。朝は忙しく、時間に追われています。じっくりと番組を見る事は出来ず、テレビは時計代わりなのです。主義主張の強いアナウンサーは禁物、他の局のように存在感のあるアナウンサーやタレントも私にとっては邪魔なのです。ほめているかけなしているかわからないような文章になっていますが、私は称賛しているつもりです。それでなければ20年以上も毎朝この番組にチャンネルを合わせるはずがありません。

 

Ise0184

まとめれば人に情報を伝える時に状況により戦略を変える必要があるという事です。池上さんの解説が素晴らしくても、朝一番の番組には向きません。「伝える力」を考える時、一つの手法に固執していつも同じ技術を振り回すのではなく、相手の状況に合わせて調整する必要があります。朝、忙しいビジネスマンがほしい情報は天気であり、オフィスの雑談の話題であって、同僚との議論のテーマではないのです。視聴者の期待に添う状況を提供する事で「めざましテレビ」は朝の主役を不動のものとしているのです。

 

Ise0189

« マーライオンを観に行く | トップページ | 「反省」の功罪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マーライオンを観に行く | トップページ | 「反省」の功罪 »

フォト
無料ブログはココログ