« オーチャードでチキンライス | トップページ | 心の平静を保つには »

2014年9月 2日 (火)

ボートキーでインド・カレー

Ise0151

記憶から消えないレストランは誰にもありますよね。忘れられない理由は人それぞれですが、私にとって忘れられないレストランに向かっています。なぜ忘れられないか。

インド・カレー、ナン、マンゴーラッシー、サフランライス、ここは一人で来る場所でした。出張でシンガポールに来ていた頃は2週間近く滞在する事が多かったので、一人での食事がたまにあり、そんな時はいつもここ。シンガポール川の夜景がまぶしく、星空の下、遠くで騒音が響く「孤独を楽しむ場所」でした。

 

Ise0149

今回は家族で来ています。いつもの席ですが孤独ではありません。午前中にリバークルーズで歩き回り、午後に買い物で走り回って疲れ切って不機嫌な娘。息子もつかれているのか無口です。楽しんでいる余裕などなく、家族に気を使うひと時です。運ばれてくるチキンカレー、ナン、マンゴーラッシー、サフランライス、料理が運ばれてくると家族の雰囲気が変わります。マンゴーラッシーの味に驚き目を覚ます息子と娘、ナンがモチモチでおいしかったらしく追加注文するほど食が進みました。カレーのスパイスも効いて、みんなすっかり元気を取り戻しています。

 

Ise0150

そういえば一人で来ていた頃も元気がもらえる場所でした。さみしいのに料理が来ると味に興奮。辛さの調整が効くカレー、タイ米のサフランライス。値段は観光地価格ですから少々度胸のいる金額、家族4人で軽く1万円を超えます。ボートキーは夜景スポットだらけのシンガポールでも有数の美しさ、10年前から変わらないノスタルジックな雰囲気が魅力です。私にとっては「シンガポールに来た」と一番実感できる場所です。

 

Ise0152

隣に座った西洋人のビジネスマン、一人です。美しい夜景とおいしいカレーで孤独を楽しめたことでしょう。

 

Ise0155

« オーチャードでチキンライス | トップページ | 心の平静を保つには »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーチャードでチキンライス | トップページ | 心の平静を保つには »

フォト
無料ブログはココログ