« Blogに何を書くべきか | トップページ | 何の本を読もうか »

2014年8月25日 (月)

パンダ

Ise0103

リバーサファリのテーマとは関係なさそうなパンダ。川から遠い山の中に住む動物です。中国から借りたものの動物園には受け入れスペースが無かったのでリバーサファリに登場となったのでしょうか。それともリバーサファリの「客寄せパンダ」にしたかったのでしょうか。関西に住む私にとってパンダはめずらしくありません。和歌山ではかわいい子供たちが何匹も生まれていますし、天王寺動物園にはレッサーパンダがいます。それでも立ち寄ってみれば、予想通り寝ていました。レッサーパンダも寝ています。シンガポールの暑さはエアコンが効いていても中国山間部の動物にきついでしょうね。

 

Ise0100

パンダは特殊模様ではありますがシルエットは熊です。模様以上に不思議なのが竹を中心とした草食動物である事です。ただし力は肉食動物時代のまま。かなり狂暴ですし人間が襲われれば死亡事故に至る恐れもあります。いつも遊んでいるように見えるのは、狩りをしなくなったせいで力が余っているためではないでしょうか。寝ている時間が長いのは草食という低カロリー生活でエネルギー消費を抑えるための作戦かもしれません。力があるのにエネルギーが足らない、その結果が「かわいい行動」に結びついているような気がします。

 

Ise0101

ジャイアントパンダが絶滅危惧である理由の一つは、生まれてくる赤ちゃんが異常に小さい事です。他の哺乳類ではほとんど見かけられないミニサイズです。生まれたときに捕食される可能性が低い人間の赤ちゃんは1年程度歩くことができませんし、生まれたときのサイズは3000g程度と小さいですよね。しかしパンダの赤ちゃんは人間の赤ん坊よりもはるかに小さく、母親が気づかないサイズです。人間と同じく天敵が少ないためだと推測できますが、さすがに小さすぎて森の中でも死亡事故が多そうです。上野動物園も苦労していますね。

 

Ise0105

希少動物ですが子供から大人までみんなが知っているパンダ。パンダを模したキャラクターはかわいいのですが、日本の「ゆるきゃら」(例えば「たれぱんだ」)とはかなり雰囲気が違います。中国系?

 

Ise0106

« Blogに何を書くべきか | トップページ | 何の本を読もうか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Blogに何を書くべきか | トップページ | 何の本を読もうか »

フォト
無料ブログはココログ