« リバーサファリの魅力は? | トップページ | Blogに何を書くべきか »

2014年8月23日 (土)

公文のEnglish Immersion Camp

Ise0081

小学校6年の娘が琵琶湖の見えるホテルで行われた6日間の公文 EIC (English Immersion Camp) に参加しました。今日は卒業式だったので、私も参加してきました。写真の利用は自粛しています。

EICを日本語に直せば「英語漬けキャンプ」10人程度の生徒1グループにリーダーと呼ばれる4人の外国人がついた8つのグループ、英語だけで6日間を過ごします。

 

Ise0083

雰囲気はアメリカンな超ポジティブ、いつも集団になじむのが苦手な娘、今回も孤立するのではないかと心配していました。しかしそこは英語のマジック、思い切り楽しかったようです。たくさんの先生と友達、涙で別れを惜しみ「せめてあと三日~」と叫んでいました。

 

Ise0080

先生は世界中から集まっています。一番仲良くしてくれた先生はベトナムの女性とボツワナのアフリカ人男性。周りには何人かの韓国人や中国人。今回英語以上に良かったと感じるのはたくさんの友人ができたことと肌の色や国に対する偏見が亡くなった事、今アメリカで起きているような差別的な感覚は彼女から消えました。この年齢でこんな経験ができるなんて羨ましい。

 

Ise0084

« リバーサファリの魅力は? | トップページ | Blogに何を書くべきか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リバーサファリの魅力は? | トップページ | Blogに何を書くべきか »

フォト
無料ブログはココログ