« 白すぎ城 | トップページ | 潮位が高くなる »

2014年6月 9日 (月)

梅雨

Ise0187
日本は水の豊かな国です。毎日湯船に飲料可能な水道水を張り込みゆっくりとつかるなどと言う贅沢は日本の水資源のおかげです。
日本は山が多く、大きな河川が存在しません。それなのに水がたくさんあるのは二つの大きな雨季があるからです。一つは梅雨、もう一つは台風シーズンです。空梅雨になれば夏場は渇水で大騒ぎですし、台風が来なければ乾燥した冬場に水が不足します。個人的に地球温暖化で最も心配なのは梅雨や台風の消滅であり、大雨が被害をもたらすものの長梅雨や巨大台風の頻発は耐えられる範疇です。かつてサハラ砂漠は現在よりはるかに小さな砂漠でした。砂漠が増えたのはアフリカの乾燥化が原因ですが、同じ事が日本に起こらないという保証はないのです。

Ise0185
そうはいっても日本の歴史の中で寒冷化による大飢饉や大量死はあったものの、あまり砂漠化という話は聞きませんね。エルニーニョやラニーニャが起こる年でも梅雨の時期にはそれなりに雨が降ります。日本の場合は森林に支えられる豊かな地下水源もありますから、本当に水には困りません。言葉を換えれば梅雨には感謝をしなければならず、嫌われ者と考えてはいけません。そういいながら梅雨の時期に誕生日がある私は、誕生日と言えば雨、その上、6月には国民の祝日もありません。誕生日が嫌いになったのは今の年齢のせいではなく(笑)子供のころから6月が嫌いなのです。

Ise0186
梅雨と言う気象状況が発生するのは気象のプロがたくさん説明を書いてくれています。梅雨前線の停滞です。言葉ではわかっていたのですが、最近雨雲レーダーが発達し、インターネットで雨雲の動きを見る事ができるようになりました。梅雨の時期の雨雲の動きはまさに「停滞」私たちのイメージする西から東へ移動する雨雲とは異なり、南から湧き出るように雲が迫ってきます。なるほど、いつまでたっても雨がやまないはずだと実感できます。百聞は一見にしかず!梅雨の時期しか見る事が出来ない不思議な雲の動きを覗いてみてください。

Ise0189
アジサイの写真、雨さえ降らなければ桜や紅葉並みに大量に撮影したい美しい風景なのですけどね。

Ise0188

« 白すぎ城 | トップページ | 潮位が高くなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白すぎ城 | トップページ | 潮位が高くなる »

フォト
無料ブログはココログ