« 鯨食に犬食 | トップページ | パチ○コ税の是非 »

2014年6月24日 (火)

日本人の美徳

Ise0241
ワールドカップで日本のサポーターが自主的にゴミを拾って帰ったそうです。これは自分が出したごみを自分で持ち帰りましょうという「海外旅行のマナー」として旅行代理店が推奨したのではないかと考えています。全員が拾ったとは思えないのですが、ある程度の人数が「了解」とゴミを拾って帰ったのでしょう。それが世界で話題になった、「日本人の美徳」とさえも言われているのです。ちょっと恥ずかしい。ちなみに「韓国人サポーターも拾った」「韓国戦が先なら韓国人が先」なんて話もありましたが、後先はどうでもいい事。みんながゴミを拾う習慣が広がればいいのです。そう、日本の中ででも。

Ise0237
困った事にこの「美徳」は日本人にとってプレッシャーです。なぜならばごみのポイ捨ては日本で今でも大きな問題だからです。もちろんちゃんと捨てる人がほとんどですが、祭りや花火大会で散乱するごみ、車の窓を開け車道を灰皿と勘違いしている極悪人、ペットをゴミ扱いで捨てる悪党、日本はまだ褒められるレベルにありません。ただ今回の報道を機会に襟を正したいですね。

Ise0239
「極悪人」なんて書きましたが、日本人のたばこのマナーは本当によくなりました。くわえ煙草もほとんど見なくなりましたし、道に落ちた吸い殻の数も圧倒的に少なくなっています。たばこを吸っている9割以上の人はマナーを改善しているのですが、わずかに残った反社会勢力が今でもマナーを守りません。わずかに残っているからこそ残された「極悪人」と感じるのです。祭りのごみも翌日ごみを拾うボランティアが増えすぐにいつもの神社に戻っています。ペットに関しても殺処分0を目指した活動が続いており、里親探しの草の根運動も広がり、ペットショップの淘汰も進んでいて改善しています。本当に残っているのは「極悪人」だけなのです。

Ise0242
そうはいってもまだ道半ば、ゴールは見えません。ごみは捨てない、ごみを拾う、シンガポールのような罰則が無くても街をきれいにできるのが日本人の美徳だと考えて頑張りましょう。

Ise0243

« 鯨食に犬食 | トップページ | パチ○コ税の是非 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯨食に犬食 | トップページ | パチ○コ税の是非 »

フォト
無料ブログはココログ