« 15歳のチャンピオン | トップページ | 伊勢神宮 その6 »

2014年5月 9日 (金)

伊勢神宮 その5

Ise0042

境内は人の領域と神の領域とを区切る境界線の内側であり、その境目には通常鳥居が使われます。鳥居と言うツールは奈良時代からあったようですが、はたして伊勢神宮が建設された当初からあったかどうかは定かではありません。鳥居と言う便利なツールは海外から伝わってきた可能性が高く、伊勢神宮ほど古くなれば「後付ツール」という可能性もあるのです。事実、伊勢神宮には五十鈴川と宇治橋と言う存在があり、鳥居よりも明確に人と神の領域を分けています。実際に橋を渡ると神聖な気分になりますし、五十鈴川で手を清めれば清らかな気分になります。ただ伊勢神宮から少し海側に進めば駐車場で覆われたただの川になっていますが、それでもきれいです。魚は見かけられませんでしたがよく探せばいたのかもしれません。
Ise0045 「宇治」というと神聖なものかと想像していましたが、調べてみれば宇治と呼ばれていた場所に神宮ができただけのようです。京都の宇治橋もあるので勘違いしやすいのですが神聖な場所と言う意味ではなさそうです。五十鈴川も同様で、神聖な意味がある名前と言うわけではないようで、昔ながらの川の名前のようです。神の領域に立ち寄りにくくするために五十鈴川で隔てられた所に神宮を立てたのでしょう。建設当初は宇治橋が無く、川の上に飛び石を作って渡ったのだとか。あまりに不便なので橋を作ったようです。川に対して垂直に作られた橋なので、当時の日に宇治橋からの初日の出が美しいのは偶然なのか計算なのかよくわかりません。個人的には偶然だと感じています。
Ise0044
伊勢神宮はほとんど写真がありません。また柵の外からは全体像を見る事が困難です。式年遷宮をする事から小さな木造建築を想像していたのですが、隙間から見える本宮は金色の柱を持った荘厳な巨大建築でした。これほどの物を20年おきに建て替えるとは…。上賀茂神社など他にも式年遷宮をするところは少なくないのですが、代替が修理程度で巨大本宮の建て替えは伊勢神宮の内宮位なのかもしれません。今でこそ国家の予算で建て替えているのですからお金には困りませんが、武士の時代には式年遷宮が途絶えた時代もあったようです。
Ise0047 日本文化が復活してよかったですね。

Ise0049

« 15歳のチャンピオン | トップページ | 伊勢神宮 その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 15歳のチャンピオン | トップページ | 伊勢神宮 その6 »

フォト
無料ブログはココログ