« 小笠原の猫 脱出大作戦 | トップページ | 神去なあなあ日常 三浦しをん »

2014年5月24日 (土)

珈琲店タレーランの事件簿

Ise0102

 

副題は長すぎるので書きません(笑)

正直、最初の半分くらいまではつまらないのでがっかり。しかし後半はなかなか読み応えがあって楽しめました。半分程度で読み止めない事をお勧めします。最後のエンディング数ページは不要と感じるのですが、2巻、3巻と続いていくためには欠かせないエピローグです。もしかすると続巻が決まったので最終章を継ぎ足ししたのかもしれません。個人的には最終章が無くても完結していたように感じますし、そちらの方が結末としては緊張感や文学的な意味から言えばよかったかな?まあでも文学作品ではなく推理小説ですから。

Ise0103

 

ただ推理小説、事件簿と言ってもそれほどたいそうな事件ではありません。コーヒー好きが薀蓄を語りまくる小説ですが、まあ嫌味になるほど長々と説明されているわけではありません。私は味音痴、コーヒーの香りは好きなのですが味は差がわからずいつもインスタントコーヒーです。以前イギリスに行ったときに本当のエスプレッソを飲んで眼を白黒させたのですが、この本を読んで「飲み方が間違えていたな」と勉強になりました。

Ise0104

 

主人公のアオヤマ君は京都の一角にある「タレーラン」という喫茶店に逃避してきて人生最高のコーヒーに出合います。そのバリスタが切間美星。ここまでで分かった人はすごいのですが、アオヤマはブルーマウンテン、キリマはキリマンジャロから来ています。他の登場人物も珈琲とかかわりのある名前になっています。それで事件と言いますと、結局のところ美星さんの恋愛ドタバタ劇です。どちらかといえば面白いのはアオヤマ君の存在ですが。

Ise0109

 とにかく最終章まで読んでください。一方で最近多いのですが表紙の絵につられて買ってはいけません(笑)100万部を突破した人のうちのどのくらいの割合が表紙だけ本を買って読まずに放置しているか…。コーヒーが好きな人にお勧めの本ですが推理小説好きには物足りません。

 

Ise0107

« 小笠原の猫 脱出大作戦 | トップページ | 神去なあなあ日常 三浦しをん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつも有難うございます。

「タレーラン」は息子に勧められて読みました。
現在2巻目読書中ですが、IPの後なので
睡眠導入剤になってしまって数ページしか読めません(汗)

私はこの小説はじきに実写でドラマ化されるのでは?と思っています。
「ビブリア」よりは(ドラマ化されたら)面白いのではないかと思いますが。
「アオヤマ」さんがどなた(俳優)がいいか等想像しています。

失礼しました。

はなもくれんさん、コメントをいただきありがとうございます。私の住むマンションに花木蓮が街路樹として植えられており、ふとその季節を重い明日お名前です。
私も今、2巻の2ページ目あたりで停滞中です(笑)ドラマにはしやすそうな物語ですね。はなもくれんさんがアオヤマさんを選ぶように、私はバリスタさんを想像してしまいます。小柄な頭の賢い人じゃなければいけませんね。「アオヤマ」さんには影が必要です。でも俳優の名前をほとんど知らないので選べません(笑)ビブリアのドラマも見ましたよ。面白かったのに視聴率が低かったですね。女優の選択ミスだったかなぁ、本とイメージが違いすぎ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小笠原の猫 脱出大作戦 | トップページ | 神去なあなあ日常 三浦しをん »

フォト
無料ブログはココログ