« 論文総チェック | トップページ | 学校給食に牛乳は必要? »

2014年4月18日 (金)

日本の失墜

Osk0321

日曜日の朝のニュース番組で日本の信用が揺らいでいるとのレポートがありました。よく整理されており考えさせられるレポートでした。
レポートでまとめられていた例を挙げれば震災の時「日本は原発をゼロにする」と言っていたのに、今の政府は原発の輸出さえしようとしている事に関する不信。国際司法裁判での決定で調査捕鯨の禁止が出たのに「国際法など守らない」と言いながら、韓国や中国が竹島や尖閣に対しては「国際法を守れ」といっているご都合主義。STAP細胞のレポートに関する技術力への不信や武器輸出についても取り上げられていました。「日本は国際社会から孤立して生きていこうとしている」という哲学者の言葉は衝撃的でした。

Osk0320

私も日本政府に対する不信を何となく感じていました。調査捕鯨への日本の対応や、原発や武器輸出に関する政府決定を「何かおかしい」と感じていました。以前「日本は高飛車になった」と書きましたが、この番組のまとめである「日本の孤立」の方が的を射た言葉のように感じます。日本の伝統とか文化とか「ご都合主義」で国際的な調和を乱し決定に従わないのは大問題です。原発の輸出も武器輸出もやめるべきですね、そんなことをしなくても日本には世界に誇れる製品がたくさんあります。例えば新幹線技術とかね。残念には思いますが北太平洋を含めて調査捕鯨は取りやめ、商業捕鯨をしっかりと訴えていくべきです。

Osk0322

私も実はグローバル化が嫌いな日本市民です。しかしそれは好き嫌いの話です。インターネットを介して「世界標準」が強化されていく中、日本文化という脆い盾をかざして世界と争うには限界があります。日本は世界有数の経済大国であり、多くの国に利益や喜びを与えると同時に被害の原因にもなっています。森林伐採、クジラを含めた漁業、これらは日本国家に必要でしたが現在はグローバル化によって回避策があります。食料の100%自給などは現実的ではなく、必要なものは輸入し、逆に世界の食糧需給を安定させるため温帯で水資源の多い日本は農地をフル活用して食料輸出に回るべきです。お金持ちが日本のブランド食品を食べれば、その分安い食品が世界の貧困層に回っていきます。一つの障壁が関税で、TPPは日本の孤立化を回避するために必要なのです。日本らしい水田の風景、小さな四角に区切られていますが、これを仕切りのない一面の巨大な水田とし、共同経営の大型農法に切り替えていく事も「米作商業化」の一つのアイディアです。

Osk0323

日本がここまでの経済大国である以上、ある程度の犠牲を払ってでも世界に恩返しをする必要があると感じています。

Osk0324

« 論文総チェック | トップページ | 学校給食に牛乳は必要? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 論文総チェック | トップページ | 学校給食に牛乳は必要? »

フォト
無料ブログはココログ