« 貯金が減るとどうなるのか | トップページ | カタログ燃費と実燃費の乖離 »

2014年3月11日 (火)

再稼働より経験を生かすことが先決では?

Kyo0065

 

都知事選では原発要不要の議論をしていましたが、とても危険です。事故から3年目の今日、考えてみます。

 

原発不要と言っても既に多数存在し、社員が働いており、経費が掛かっており、いつ次の地震や津波に襲われるのかわからない状態です。稼働していなくても核燃料は入っており、漏れれば大惨事です。個人的には福島の事故の教訓を十分に生かし、科学的に安全な原発は利用を再開してもかまいませんし、危険な原発は即時対策か撤去が必要です。

Kyo0068

今、感情論で原発が「安全」「危険」と言っているので、科学的な現状把握と対策が後手に回っており不安を感じます。福島の事故原因は地震か津波か、事故が起こったのは事実、危険な存在であることは事実なので感情論に流されずコストをかけて調査すべきです。福島の事故の原因が地震であれば早急に他の原発の耐震対策へと水平展開すればいいのです。津波対策に比べれば高価ではありません。「地震が原因ではない、地震に対しては安全だ」と根拠もなく対策を怠れば事故再発の可能性が高く、私たちは危険な原発と隣り合わせのままです。原発事故が起きたときに地震と津波の両方が発生していたのは事実で、粛々と解析と対策をすればよいのです。原因か特定できないなら潜在的な危険性として両方の強化対策をすればいい、原因が何であれ壊れた装置は事故の教訓で明確なのですから。

Kyo0069

 

一方、福島で地下水が大問題になっています。チャイナシンドロームではありませんが、地中に漏れた放射性物質が地下水に乗り海に向かっています。これも教訓で、地下水脈は原発立地の重要な調査条件とわかりました。福島の場合、かつて川があった地盤の上に原発を作っていたことがわかっています。事故前は地中に放射能が漏れるという想定はありませんでしたが、教訓を生かし地下水脈がある原発には対策が必要です。事故の前であれば高価であっても対策可能です。対策出来ないのであれば早い段階で廃炉にする必要がありそうです。

Kyo0067

 

明確に原発は危険な存在です。事故はチェルノブイリや福島を見る限り想定よりもはるかに高確率で発生します。だからと言って今人類存亡の危機ではありませんし、事故の教訓を生かした対策の水平展開にもっと政府が協力すべきです。 

Kyo0066

« 貯金が減るとどうなるのか | トップページ | カタログ燃費と実燃費の乖離 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貯金が減るとどうなるのか | トップページ | カタログ燃費と実燃費の乖離 »

フォト
無料ブログはココログ