« ソチ・オリンピック前半戦を振り返る | トップページ | スポーツの危険性 »

2014年3月 3日 (月)

浅田さんに見るオリンピックのプレッシャー

Osk0151

まだショートが終わった段階で文章を書いています。勝ち負けの問題ではなくなぜ今回彼女がオリンピックのプレッシャーに押しつぶされたかという事を考えてみたいのです。

 

「オリンピックの魔物」という話をよく聞きます。オリンピックがなぜここまで盛り上がるのか、他のスポーツ大会とは全く違うのか。理由の一つには「議事戦争」的な要素がオリンピックにあるからではないでしょうか。ソチだけではなくオリンピックにはテロの話題が付きまといます。単なるスポーツの祭典ではなく政治的な要素が少なからずあることは明確です。

Osk0149

そんな中でフィギアスケートには特別な状況がありました。韓国のキム・ヨナさんがいたからです。私は演技者として彼女のファンですし、浅田選手との勝負はとても楽しみにしていました。今回のオリンピックの演技も素晴らしかったですね。オリンピック以外でもフィギアスケートを観戦している人にとってスポーツの戦いなのですが、日ごろスポーツに興味が無い人たちや、スポーツ以外の報道までもが異常なほどに「日韓の争い」を強調しました。浅田さんへのインタビューも壮絶でしたが、きっとキム・ヨナさんも不快に感じていたことでしょう。彼女たちは代理戦争に近い状況に置かれ、尋常ではないプレッシャーがありました。11なのですから、あまりに過酷です。

Osk0150

他の演技ではここまでの露骨さを感じませんでした。だから女子フィギアだけが特別だったと感じています。一方、ショートトラックでは中国と韓国の確執があったようですね。オリンピックではいたるところで局地戦が発生するようです。もちろん本当の戦争とは違い平和な争いです。一部ファンや選手が政治的なプロパガンダを行う事はありますが、一般論ではありません。しかしそれでも本人たちは一人でプレッシャーと戦うのです。毎日のようにテレビで報道され、相手選手と比較され、忘れたくても忘れられない。他の競技のオリンピック選手が感じるプレッシャーとは異なるプレッシャーだったのです。

Osk0152

フリーの演技は泣けましたね、鬼気迫るものがありました。浅田さんは引退されると聞いています。ファンとしては残念ですが心休まる日々が来るといいですね。

Osk0154

« ソチ・オリンピック前半戦を振り返る | トップページ | スポーツの危険性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソチ・オリンピック前半戦を振り返る | トップページ | スポーツの危険性 »

フォト
無料ブログはココログ