« バレンタイン・デー | トップページ | 缶コーヒーの区別は可能? »

2014年2月15日 (土)

戦艦回顧

Dan0192

娘が最近、第二次大戦中の戦艦の名前を呟くので驚いて理由を聞いてみたところ、「艦コレ」とかいうゲームが流行っているそうですね。最近はアニメでパンツァー、つまり戦車が流行ってみたり、「永遠の0」や「風立ちぬ」でゼロ戦が話題になったりと、私たち戦後世代が「日本の黒い歴史」としてあまり公言できなかった兵器名を単なる時代のハイテク技術製品として罪悪感なくいろんなところで使われているのが面白いと感じています。今回に至っては戦艦が萌えキャラになっているそうで…

Dan0176

大東亜戦争、太平洋戦争は日本人が反省すべき失敗であることを疑う余地もありません。「犯罪」という言葉を使わない事に突っ込まないでくださいね、今回は技術的な話をしています。技術面で言えば戦争が飛躍的に科学の進歩を推し進めます。経済観念無しに技術開発に金をつぎ込みますからね。蒸気機関車の時代に核兵器が作られ、結果として原子力発電へとつながっています。日本も当時の技術では考えられない高機能な兵器を作りました。特にゼロ戦と戦艦大和は特筆すべきハイテク製品です。戦艦の話をすれば、戦後日本が大型船舶シェアの大きな割合を占め、特に超大型タンカーを製造できたのは戦艦大和や戦艦武蔵を作る技術が残っていたからです。ドックヤードは空襲で破壊されたのですが、すぐに復旧して船を作る事が出来たのは太平洋戦争時代の戦艦増築技術が育っていたからです。つまり大和などは戦後でも他の国が追い付けない高い技術の結集だったのです。

Dan0186

第二次世界大戦は「世界大戦」と言いながら局地戦でした。ヨーロッパは陸続きなので船舶ではなく戦車と戦闘機が発達しました。一方で日本とアジア、日本とアメリカの戦いの場合、どうしても「海を渡る」という行為が必要でした。戦艦造船の技術が発達したのは必然でしたし、大量輸送、大機動力が必要でしたから戦艦、空母、そして空母が運搬できる小回りの利く小さな高性能戦闘機が必要でした。一方で戦車となりますと、アジアに強国が少なかったこともあって日本ではあまり技術が発達しなかったように感じています。今の日本の戦車はコンピュータの塊ですけどね。

Dan0175

単純に技術面で言えば、日本の戦艦や空母は今でもかなう船が少ないほどの「怪物」だったと言えます。ただ「艦コレ」には全く無縁の話です(笑)

Dan0189

« バレンタイン・デー | トップページ | 缶コーヒーの区別は可能? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バレンタイン・デー | トップページ | 缶コーヒーの区別は可能? »

フォト
無料ブログはココログ