« VAIO撤退 | トップページ | バレンタイン・デー »

2014年2月13日 (木)

イランで雪

Dan0153

砂漠や荒野のイメージがあるイランで大雪が降ったそうです。驚きましたが緯度を調べてみればあまりおかしな話ではなさそうです。

 

日本の豪雪地帯である鳥取や島根、イランは大きな国なのでその北部は東北と同じくらいの緯度に相当しますので、雪が降っても何もおかしくはありません。トルコに至っては一番南でも東京程度、イスタンブールは青森あたりです。ずいぶん暖かいイメージがあるイタリア南部でも日本の東北地方と同じです。もっと言えばアフリカの最北部は東京よりも北にあるのです。ロンドンに至ってはカムチャッカ半島の南端と同じくらい。

Dan0149

ここで気が付くのは他の国に比べて日本が異常なほどに寒い事です。正確にはユーラシア大陸の北部が寒いという事になります。シベリアでしっかりと冷やされた大気や海流が日本に流れ込むためなのです。つまり日本は赤道に近い割には寒い国だという事です。特に日本海側と東北より北は他の場所では考えられないほど寒いのです。なぜこんなことを書いているかと言えば、ヨーロッパや中東が温かい理由を考えようとしたのですが日本が寒すぎるので日本を基準に考えるとおかしなことになるときがついたのです。基準をヨーロッパに置いた方がわかりやすいですね。

Dan0150

イランはスペイン南部やイタリアよりも南にあります。ヨーロッパではアルプス山脈により雪が遮られ、イタリア北部くらいまでしか雪が降りません。しかし北部に大きな山脈の無いイランは雪が降ってもおかしくないのです。事実、1月の平均気温は軒並みマイナスなのです。それではなぜ雪が降らないのか…乾燥気候だからです。ここが私の大きな勘違いです。イランは降水量が極端に少ない、だから雪が降らないという仕組みです。

Dan0159

イランに雪が降ったのは気温が下がったからではなく、大陸を超えて湿度の高い雲がイランまで到達したという「異常気象」だったのです。つまり寒冷化とは関係なさそうです。

Dan0155

« VAIO撤退 | トップページ | バレンタイン・デー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VAIO撤退 | トップページ | バレンタイン・デー »

フォト
無料ブログはココログ