« オロジック技術の面白さ | トップページ | 作曲者偽装問題 »

2014年2月26日 (水)

人類はどこまで人口を増やすことができるのか

Osk0116

インドの人口爆発には驚きを隠せません。中国も一人っ子政策をやめようとしています。アフリカや東南アジアでも人口は増え続けています。人間の増え方は過去のどの生物を見ても異常といえます。異常増加を支えたのは科学の力ですが、本当にそれだけでしょうか。

Osk0118

人間は生きていくために食料と水が必要です。しかし私は狩猟も木の実を集めることも、川まで水汲みに行ったこともありません。ここで農業、酪農、井戸などは科学の力の一種とします。私は食料と無関係の製品を自動制御するシステム構築を行っています。結局、食料を生産し、輸送し、金で買うというシステムが人口爆発を支えています。また戦争を防ぐ国際的な抑止力も人口が減らない要素です(良いことですが)。しかし繰り返しますが本当にそれだけでしょうか。

Osk0114

気象学者などの研究でここ数百年は気候が異常なほどに安定していると言います。温暖化が「急激な変化」と問題視していますが、歴史上、地球の気候変動はもっと大きなものです。隕石の落下がなく巨大火山の噴火がなく、太陽活動が安定しているからでしょう。しかしたとえ気候が変動しても人口は減るのでしょうか。今は暖房や冷房という技術があり、温室で食料も育てることができます。医学も発達しており、パンデミックさえある程度抑制できます。

Osk0120

しかし日本を見るとわかるように人口はある程度のピークがあるようです。ヨーロッパでも同じ現象が発生しています。アメリカの人口が増え続けているという話もあまり聞きません。何かが平和裏に人口の増加抑制をしてくれるようです。特にインドの人口増加がどこで止まるのか、何で止まるのか興味があるところですが、私の寿命が持ちそうにありません(笑)

Osk0119

« オロジック技術の面白さ | トップページ | 作曲者偽装問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オロジック技術の面白さ | トップページ | 作曲者偽装問題 »

フォト
無料ブログはココログ