« 戦艦回顧 | トップページ | 種の移動の問題点 »

2014年2月15日 (土)

缶コーヒーの区別は可能?

Dan0165

「金」「エメラルド」「レインボー」「プレミアム」「モーニング」すべて120円の缶コーヒーに冠された勲章です。

 

ただどれもが甘いミルクコーヒーで差がわかりません。私が味音痴であることは確かですが。缶コーヒー会社は本当に味で勝負しているのでしょうか。それともネーミング勝負になっているのでしょうか。缶コーヒーを作っている開発者は納得の差別化ができているのでしょうか。

Dan0161口が大きく開いたボトル型コーヒーの香りのよさには私でも驚きました。ただ普通の小さなお店ですとブラックばかりが置いてあります。私が好きなコーヒーはミルクだけで砂糖が入っていないコーヒーです。甘くてミルクが入った缶コーヒーは山ほど種類があるし、ブラックもいくつかあります。なぜミルク入り砂糖なしの缶コーヒーは少ないのでしょうか。

Dan0164

全く無いわけではありません。一時期発売され大喜びで買っていました。しかし徐々に姿を消しました。人気が無かったのか、それとも腐りやすいなど技術的な難しさがあるのか。人気が無かったとしても差がわからない甘い缶コーヒーを出すよりもミルク入りで勝負をしてほしいところです。もちろんオフィスではインスタントコーヒーで済ましていますから問題はないのですが、出先で缶コーヒーを飲みたい時にいつも困っています。

Dan0170

もう一つ言えばイタリアで出てくるような本気のエスプレッソもできないものでしょうか。これは缶コーヒーの前に喫茶店に頑張ってもらわないといけませんね。

Dan0167

« 戦艦回顧 | トップページ | 種の移動の問題点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦艦回顧 | トップページ | 種の移動の問題点 »

フォト
無料ブログはココログ