« 魚の名前を考えれば多くの問題は解決する | トップページ | 化石燃料が売れない »

2014年2月18日 (火)

大阪都構想を真面目に考える

Osk0086

「管理職に昇格した人が最初にやりたがるのは組織改革」いつもの事ですし、成功例無し(笑)今の大阪都構想はこの程度のレベルです。正直、つまらない。

 

もちろん大胆なコストダウンをするためには仕事の大胆な削減を含む組織改革が必要です。多くの人の仕事が「今まで無駄だった」と宣言するわけですから橋下さんくらいの性格が必要です。会社でも大胆なリストラで社員を半減させるようなとき、退職を促す上司は精神的に持たなくなる事が良くあります。仕事と人員だけではありません。当然投資、つまり予算も毎年10%ずつ下げる、追加予算は認めないなどの事は大きな利益を出している企業でも行っている事です。赤字経営の大阪で50%程度はさげなければいけない。

Osk0087

なぜ新人管理職の組織改革と感じられるのか。東京都の例を見てみましょう。東京府と東京市を廃止し東京都とした改革は確かに成功をおさめたようです。それでも東京都にはいくつか市が残っていますが理由はよくわかりません。ただ東京より小さいエリアの大阪府で、大阪都の構想を見ると大阪市と堺市程度しか入っていないように見えます。これでは意味がありません。大阪のすべての市町村は廃止し、すべて区割りにする大胆さが必要です。その時、行政のための市役所や公民館の少なくとも50%は廃止し、職員も減員すべきです。その一方で、区役所が遠くなるためオンライン化によるATMのような設備を作ったり、市民税を20%削減することで交通費をねん出したり、大胆なアイディアを考えてほしいのです。それこそが都構想です。

Osk0090

区割りでもめるなんて小さなことです。大阪都民に対する利益が何も見えない中、陣取り案を一つに絞るなんて意味のない議論です。都構想自体の明確な目的が見えないから賛成意見も反対意見も出ないのです。大阪府全体を10の区に分ける、都庁は地価の安いりんくうタウンに置く、現在の市役所、区役所は一旦すべて廃止、経費の50%カット、職員の50%カット、当然職員の移転先を明示する。このくらいの明確な断言ができないのなら最初に言ったような「新人管理職の組織改革」にすぎず、都構想に成功なんてあり得ません。

Osk0093

大阪がモデルになると言い切るのなら大胆な改革はしてほしいし、できないのなら税金の無駄遣いとなるような選挙はやめてほしいのです。

Osk0096

« 魚の名前を考えれば多くの問題は解決する | トップページ | 化石燃料が売れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚の名前を考えれば多くの問題は解決する | トップページ | 化石燃料が売れない »

フォト
無料ブログはココログ