« 離職率発表でブラック企業は改善するのか | トップページ | 日本からデモが消えた理由 »

2014年1月10日 (金)

デジカメ冬の時代

Krsk0278

なぜあれほどまでにデジカメが売れたのでしょう。そこが最初の不思議です。

 

フィルム時代、現像コストがかかるため写真と言えば子供を撮影するためのものでした。風景を撮影するなんて趣味かプロの仕事と言えました。デジカメが登場し、低価格で膨大な枚数が撮影できる、そして撮影したものをインターネットでシェアできる時代になりました。デジカメが激増しました。特にBlogの登場が大きかったと言えますね。

Krsk0279

被写体は驚く変化を遂げました。景色だけではなく料理、道端の看板、野良猫。被写体が家族だけではなくなりました。誰もがデジカメを買ったのです。携帯電話からBlogに情報を上げるにはコストが高いため、デジカメが優位でした。どんな携帯電話の写真の画質でよくてもデジカメでなければだめだったのです。しかし流行だったBlogは衰退しています。インターネットは情報を蓄積するばかりで新鮮味が無くなってきます。そこにスマートフォンが登場したのです。

Krsk0280

スマートフォンは基本的にインターネット端末ですから簡単にインターネットに写真を上げる事ができます。またクラウドドライブの登場で、スマートフォンからパソコンへの写真移動も簡単になりました。デジカメからスマートフォンやパソコンに写真を取り込むほうが手間と言う事態になりました。多くのユーザーはもともと画質など気にしていません。Blogにそんな高画質の写真は必要ありませんし、スマートフォンの写真も十分に高画質です。コンデジが売れないのは当然の結果です。

Krsk0282

一方でデジタル一眼も「カメラ女子」という日本だけのブームでミラーレス一眼が大ヒットしましたが、やはり高額ですからそろそろ限界です。また海外では売れません。しかも男性には重くてでかいミラーレスではない一眼レフの方がカッコイイという人も多いですね。私もそうです(笑)ミラーレスは小さすぎて手にしっくりなじみません。ユーザーニーズの変化を見なければどのようないい商品を出してもデジカメは売れない時代に入っています。開発費を抑え、現状機能、低コストでの販売方針に切り替えないと液晶テレビの時の厳冬期と同じ現象さえ起こるかもしれませんね。

Krsk0281

« 離職率発表でブラック企業は改善するのか | トップページ | 日本からデモが消えた理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 離職率発表でブラック企業は改善するのか | トップページ | 日本からデモが消えた理由 »

フォト
無料ブログはココログ