« 2014年を予想する | トップページ | 世界遺産を考える »

2014年1月 2日 (木)

福袋は誰に福をもたらすのか

Ind0400

今年は買うことができなかったのですが、個人的に福袋は好きです。損をすることもあるし、大当たりという経験もないのですが、賭博性がたまりませんね(笑)

 

福袋で一番得をするのは店舗です。なにせ不要在庫、たとえバーゲンでも売れないであろう廃棄寸前の商品、ブランドイメージを崩すことなくバーゲンと同等程度の値引きで売りさばくのです。これほどありがたいシステムはないでしょう。特に洋服店にとってかさばる冬服、在庫一掃ができる福袋は最高のシステムです。夏物は熱帯で売りさばけるのですが、冬服は福袋が一番です。

Ind0396

買い手にとってメリットがないかといえばそうでもありません。不要在庫、廃棄寸前とはいえ私たち消費者が無料でもらえるものではありません。特に購買意欲が弱く、もの選びに楽しみを感じられない私のような男性陣にとって、ある程度質が良くて暖かければデザインなどあまり気にしません。安い冬ものが手に入るとても良いチャンスです。電化製品の福袋もありますね、こだわりがない人にとっては良い組み合わせです。家電が好きな私にとって、何の魅力もない福袋セットですが。

Ind0399

福袋を阻む存在が出てきました。冬物のバーゲンを12月末から行う衣料品店が現れたのです。大手ではユニ○ロ、年末から大幅値引きをはじめ福袋より安い値段で必要なものが手に入るようになりました。男性陣は計算高い、福袋と比較をしてしまいます。もちろん少し人とは違うファッションをしたいが資金に余裕がないという若手にとってまだまだ福袋に魅力があります。

Ind0398

2014年正月の福袋は飛ぶように売れたようですね。これを好景気というのかどうか。

Ind0395

« 2014年を予想する | トップページ | 世界遺産を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年を予想する | トップページ | 世界遺産を考える »

フォト
無料ブログはココログ