« 死後の世界 その3 | トップページ | 政治資金の話 »

2013年12月 6日 (金)

特定秘密保護法案は何が問題なのか

Ind0262

個人情報保護法のように後で生活の支障にまでなりそうな困った法案が少なくありません。法律に疎い私ができるだけ理解に努めます。「特定秘密」の保護法案です。何が「特定」なのかといえば4項目あるのですが、ざっくりいえば国防と外交のようです。どういう風に保護するのかといえば、今でも秘密はあるのですがその秘密を「漏えいする事」と「聞き出すこと」が法律で禁止され罰則が用意されるのです。

Ind0264

なぜ私が無関心になったかといえば報道が「必死」だからです。国民感情と報道がかけ離れており、報道を味方に付けた野党が久しぶりに生き生きしている、その姿があまりにも露骨すぎて個人的には引いてしまうし冷めてしまう、結果として私たちが知らなければいけないことを見失いがちです。

Ind0266

報道の苦情は言わなくてもわかりますね。言論の自由を後ろ盾に視聴率重視の番組、スクープ狙いをするわけです。「某自民党員の話」「某自衛隊員の話」という噂に見せかけたようなニュースをよく見かけます。これが「特定秘密」に関してはできなくなるのです。「日本が第二次世界大戦に進んだ時と同じだ」と息巻く報道ですが、実際には昔に比べて情報はオープンでこの特定秘密だけで戦争に突き進むことは難しいとは考えています。

Ind0269

ではなぜ自民党は急ぐのか。正直なところ今まで罰則がなかったことに驚きですが、私も必要な法律だとは考えます。アメリカと同盟を結んでいるのに共同戦線の日本から世界中に情報が洩れます。つまり日本はアメリカにとって大きな情報漏れの穴なのです。それをふさぎたい、アメリカと同盟を結ぶ以上、最低限の条件だと思いませんか?議論が足らないのは確かだと思いますが、日本の政治に足らないのはスピード感でもあります。最近の倫理観の薄れた報道に規律を戻すという意味でも個人的には総論賛成です。一方で個人情報保護法のように過度な情報の保護には反対、しっかりと議論してほしいという気持ちはあります。

Ind0267

« 死後の世界 その3 | トップページ | 政治資金の話 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案は何が問題なのか:

« 死後の世界 その3 | トップページ | 政治資金の話 »

フォト
無料ブログはココログ