« インターネット企業の衰退 | トップページ | 「さん付け運動」 »

2013年12月21日 (土)

シュプレヒコールはテロなのか

Krsk0197

もちろん私の家の前で毎日大声のデモが行われれば勘弁してほしいとは感じます。しかしそれが「テロ」なのかと言われれば疑問がわきますね。すでに発言を撤回されておりますが、「テロ」とはいったい何なのか考えてみましょう。Terrorは「恐怖」と言う意味の単語ですが日本語のテロはTerrorismの省略形です。最近自爆テロとかがあるので、殺人がテロと誤解されるのですがTerrorismは「政治的な目的を達成するために不法な暴力や脅迫を用いる行為」です。

Krsk0198

それではシュプレヒコールはテロなのでしょうか。「政治的な目的」という点は正しいですね。それでは「不法」でしょうか。まあ騒音妨害、公害と言う面で言えばもしかすると不法なのかもしれません。でもここで文章を切ると間違える元です。「不法な暴力」もしくは「脅迫」がテロになります。例えば政治問題に関する殺人予告は脅迫であり明確にテロ行為です。一方でシュプレヒコールは不法な暴力、もしくは脅迫でしょうか。

Krsk0199

シュプレヒコールの内容にもよりますから断言できませんが、ただ騒がしいだけであれば不法な暴力とは言えないような気がします。テロと言う単語でいう恐怖と言う意味とテロ行為を誤解しているのではないでしょうか。英語が得意な人にありがちな間違いです。そう日本語に問題があるのです。日本語のテロはテロリズムの日本らしい省略形であり海外では使いません。しかし残念なことに英語にはテロと言う単語もあります。ここで誤解が生じるのです。

Krsk0200

まあご本人が訂正されておりますが、シュプレヒコールが騒音公害の可能性はあってもテロではありません。

Krsk0201

« インターネット企業の衰退 | トップページ | 「さん付け運動」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インターネット企業の衰退 | トップページ | 「さん付け運動」 »

フォト
無料ブログはココログ