« 先祖はクラゲ? | トップページ | Merry Christmas »

2013年12月24日 (火)

Googleの通勤バスはなぜ妨害されたのか

Ind0350

IT技術の最先端を行くGoogle社の通勤バスが妨害されたのは、古臭いタイプの住宅トラブルでした。

 

Google従業員が増えて地域の住居費が高騰したため地元住民が抗議をしたというのです。笑い事ではありませんし、アメリカだけの問題だとも言い切れません。日本でも同じような事件は起こらないのでしょうか。

Ind0351

日本では工場の撤退が続きます。一方で寮や社宅は管理費負担が大きいので減少傾向です。この二つの状況で、どのようなことが起きるでしょうか。寮や社宅が廃止となれば、同じ価格帯の物件のみが大量に必要となります。社宅の代わりに企業が提供する「借り上げ社宅」は家賃の上限を決めている事が多く、みんな上限近くで借りようとするからです。上限を超えると法律上社宅扱いできませんから、少しでも上限を超えると借り手がつきません。この需要は一時的で、新築も困難です。需給バランスとして、一部の家賃が下がります。新規契約者のみの家賃を下げるため、同じ間取りなのに以前から住んでいる人の家賃は高いままという事も起こるでしょう。

Ind0353

より大きな問題は企業の撤退です。企業に付属するような形となっている子会社や下請け業者も経営が立ち行かなくなります。地方都市ですと、一つの大企業しかない地域では撤退で自治体の経営が成り立たなくなるほどの大きな変化です。物件の家賃はどうなるでしょう。撤退後に社員を転勤させる企業では人口の減少が起こります。一方解雇で対応する会社、もしくは子会社や下請け会社は大きな収入源となり、家賃が払えなくなる事もあるでしょう。この場合、家賃は下がる、地価も下がる、広く言えばその自治体の価値自体が下がることになるのでしょう。

Ind0333

人口と家賃のバランスを取るのはとても難しいのですが、企業にも余裕が無くなっており、日本でも住居費の問題は顕在化してくるのでしょうね。

Ind0354

« 先祖はクラゲ? | トップページ | Merry Christmas »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先祖はクラゲ? | トップページ | Merry Christmas »

フォト
無料ブログはココログ