« 大原美術館 | トップページ | 津波での死者予測13万人 »

2013年11月11日 (月)

レガシー・ツーリングワゴンが消える

Ind0143

時代の寵児となってきた車はいくつかあります。例えばシルビア、非力なのにスタイルだけは素晴らしくファッション性でデートカーとして大人気でした。プレリュードもすごかったですね、リトラクタブル・ヘッドライトが全盛に近い時代でした。いまとなってはリトラクタブル・ヘッドライト事態が危険という事で見なくなりましたけどね。パジェロ人気も懐かしく思い出します。レガシー・ツーリングワゴンも時代を作りました。ワゴンなのに当時の自主規制最大馬力である280PSでしたね。ただ当然ワゴンなのでそんなに早く走る意味が無くて無駄な馬力だったのですが人気でした。

Ind0146

今、時代は私が大学時代に全く予想できなかった方向、感覚としては反対方向に流れました。ハイブリッドと軽自動車を含む低燃費車とミニバンの2系統です。そしてワゴンと言う形態をほとんど見かけなくなりました。プリウスはαを出していますが、私が想像したよりもはるかに普及台数が少ないように感じます。乗っているのは古い世代が中心でしょうか。低燃費でもない、ミニバンでもない、そして人気が無いワゴンが消えていくのは時代の流れでしょう。

Ind0149

確かに私もワゴンは好きではありません。原則セダンしか買ったことがありません。それでも選択肢が狭まる事には疑問を感じます。荷物が運べて乗車人数に自由度が高いのは確かにミニバンで、ワゴンの人気を奪った形でしょう。そしてすごいスピードで走るミニバンを高速道路ではよく見かけます。多分、レガシー世代がミニバンに乗り換えた結果でしょう。しかし走行安定性ではミニバンよりワゴンの方が安全性は高いと言えます。本当にニーズはないのでしょうか。

Ind0150

ただ言えるのは、確かにワゴンを見かけなくなりました。もっと言えば軽自動車の多い事…。

Ind0148

« 大原美術館 | トップページ | 津波での死者予測13万人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大原美術館 | トップページ | 津波での死者予測13万人 »

フォト
無料ブログはココログ