« 偽物のサイン | トップページ | IE11が来るらしい »

2013年11月16日 (土)

フィリピンの台風

Krsk0055

秒速90m、時速にすると324km、新幹線の先頭に張り付けられたのと同じくらいで風が吹き付けるという意味です。

 

気候変化、温暖化と言う事象は長期的な目で見る必要があります。台風だけを言えば本当に強靭化しているかといえば、かつての伊勢湾台風などを見るとそうは思っていません。どうもここ10年程度は台風が不思議に弱かったような気がしているのです。今年は30号まで行きましたが、かつては40号近くまで行った年もあるようですからね。

Krsk0043

今回の教訓を生かすには温暖化には関係なく「台風はここまで巨大化し得る」という事です。そしてルートが悪ければ、日本も同程度の影響を受ける恐れがあるという事です。死者、1万人程度、数百万人に被害が及ぶという事のようです。伊勢湾台風が想定に使われていましたが、920hPaで死者が5000人を超える(行方不明者を含む)とのことでした。日本に上陸する台風でさすがに900hPa以下になることはほとんどありませんでした。しかし可能性としては否定できなくなりました。伊勢湾台風が被害を大きくしたのは人口密集地を直撃したことも理由として挙げられます。今回の台風30号も同じ状況でしょう。

Krsk0054

フィリピンで被害が大きくなった原因は避難が不十分だったと言えます。日本もこの点はいつも話題に上ります。大雨になっている中で、いつどこに避難するか、避難したほうが危険ではないか、避難する場所が本当に安全なのか。フィリピンの場合はあまりの気圧の低さに海水面が上昇し、津波のような現象が発生したように感じています。実は伊勢湾台風も高潮の被害が甚大で、3m以上も海水面が上がったとの情報もあります。経済被害規模は(原発を除けば)東北の震災と同クラスだった伊勢湾台風、フィリピンも同じかそれ以上の規模になりそうです。

Krsk0057

経済、治安、衛生、多くの懸念が残っています。日本からもフィリピンの被災地を助ける活動を迅速に起こすと同時に、私たちも今回の教訓を元に台風対策の強化を考える必要がありそうですね。

Krsk0044

« 偽物のサイン | トップページ | IE11が来るらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽物のサイン | トップページ | IE11が来るらしい »

フォト
無料ブログはココログ