« メニュー誤表示謝罪会見の違和感 | トップページ | ガソリン税について考える »

2013年11月 3日 (日)

喜びすぎに注意

Ind0113

F1でシーズン優勝を決めたベッテルが大喜びしすぎて「レギュレーション違反」の判断を受けました。F1FはフォーミュラのFで、基本的に貴族のスポーツであったカーレースはマナーを重要視します。似たようなスポーツにゴルフがあり、こちらはもっと厳しいレギュレーションで戦っていますね。

Ind0114

日本の例で言えば朝青竜のガッツポーズが記憶に残っています。結局本能的な喜びが行動に表れただけですが、なかなかルールは手厳しい。柔道などでも似たようなルールはあります。なぜ喜んではいけないかと言えば「負けた相手に敬意を表する」という意味が強いのでしょう。礼に始まり礼に終わる、これは日本的な考え方でF1やゴルフのレギュレーション、つまりマナー違反の禁止とは少し異なります。

Ind0116

ヨーロッパなどで食事のマナーはどちらかと言うと体面です。マナー、つまり食事のルールを理解し行動に洗わせることが知識人、もしくは貴族教育の表れでした。日本の場合、はし使いに細かい「忌み」があります。これは知識と言うよりは食事を神聖なものとし、神に対する冒涜という印象があるのでしょうね。もちろん神とは言い訳で、ヨーロッパのマナーに近い部分はあり、区別する必要はないのですが。

Ind0118

私も喜びすぎるタイプ、自制し、マナーをもって行動できるよう自己研鑽につとめます。

Ind0119

« メニュー誤表示謝罪会見の違和感 | トップページ | ガソリン税について考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メニュー誤表示謝罪会見の違和感 | トップページ | ガソリン税について考える »

フォト
無料ブログはココログ